人狼ゲーム ラヴァーズ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

新たな勢力の台頭で、混迷する頭脳戦。究極のサバイバルゲーム!!
 
2017年1月28日公開
監督:綾部真弥
出演:古畑星夏・佐生雪・池田純矢 他
 
【賛否両論チェック】
賛:全員経験者や第3勢力等、新たな要素がゲームの勢力図を変え、先が読めないハラハラドキドキのサスペンスが繰り広げられる。悲壮なまでに勝とうとする主人公の姿も切ない。
否:前作以上にグロシーンが多いので、苦手な人には向かない。ゲームの理屈は結構頭を使うので、展開を追うのが大変かも。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーンがメッチャあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 閉じ込められた若者達が、命を賭けたサバイバルゲームに挑む様を描いた作品・第5弾です。主演は古畑星夏さん。
 
 主人公・高野蘭子(古畑星夏)が目を覚ますと、そこはどこかの建物の中の一室でした。周りを見回すと、彼女と同じように目を覚ました若者達が多数。その直後、置いてあったテレビから、ゲームのルール説明が流れ始めるのでした。それによると、ゲームの目的は、11人の「村人」の中に紛れ込んでいる2人の「人狼」を見つけ出すこと。人狼は夜中に村人を殺害するため、全員で毎晩8時に人狼だと思う人物を選び、〝処刑”。最終的に人狼が全滅すれば村人側の勝利、逆に村人と人狼が同数になれば人狼の勝利。ただし、役割が書かれている自分のカードを他人に見せたり、暴力をふるったり、逃走したりすると、〝処刑”されるというもの。そして村人の中にも、1日1回誰かの役割を知ることが出来る「予言者」や、前日に死んだ人間の役割が分かる「霊媒師」、毎晩誰か1人の部屋の鍵をロックして守ることが出来る「用心棒」と、細かな役割があるとのことでした。そしてもう1つ、今回は「キューピッド」という役割があり、この者は通常の役割とは別に、2人の「恋人」を指名することが出来、ゲーム終了時に恋人が残っていれば勝利するという、いわば第3勢力なのでした(ちなみに「恋人」は、どちらか一方が死んだ場合、自動的にもう1人も死亡するというもの)。賞金は1億円。彼らはまさに、命を懸けた究極のゲームに巻き込まれていたのでした。
 
 この説明を聞き、見るからに優等生な河合陸(鈴木知尋)が、
「僕はこのゲームに参加したことがある!!」
と言い出すと、その場を仕切り始めます。彼に言われるがままに、彼らは一旦自室を確認すると、すぐに話し合いを始めることになりますが、部屋へと入った蘭子は、テレビの画面に、
「『恋人』に選ばれました。相手は『海老原一香』。」
という文字が映し出されるのを確認するのでした。このタイミングですぐに話し合いを始めたのは、人狼や恋人に口裏を合わせる時間を与えないという河合の策略でしたが、何故か参加者は皆一様に落ち着き払っており、ボロを出す者もいません。それもそのはず、実は今回の参加者は河合に限らず、全員かつて人狼ゲームを勝ち抜いた経験を持つ、生き残り同士だったのでした。予言者として菅すばる(前田航基)と牧詩央里(中村萌)、霊媒師として吉原虎之介(池田純矢)と戸谷佳奈(森高愛)と、2人ずつが名乗り出るという異様な状況の中、1日目がスタートします。
 
 その後蘭子は屋上で、恋人の一香とキューピッドの八木ひなた(溝口恵)と打ち合わせをし、第3勢力として勝ち抜くことを決めます。その日の夜、投票によって選ばれたのは、仕切り屋だった河合。しかしそこで、奇妙な現象が起こります。前回までのゲームでは、処刑される者は首に仕掛けられた装置が締まって死ぬはずでしたが、河合の装置が途中で止まってしまったのでした。事ここに至って、参加者達はルール説明の一文を思い出します。そこには、
「午後8時までに1人を選び、処刑〝してください”。」
というもの。今回は自動的に処刑されるわけではなく、自分達の手で処刑しなくてはならないのでした。逃げ惑う河合を押さえつけることしか出来ない虎之介達でしたが、そんな彼らに代わってナイフを取り、河合を刺殺したのは、恋人の一香でした。かくして始まった、命がけのゲーム。他ならぬ蘭子の役割は、なんと人狼でした・・・。
 
 前作までと同様に、頭脳戦を絡めた騙し合いのゲームという良さはそのままに、今回は〝全員経験者”と〝「恋人」勢力の存在”という、2つの要素が追加されているのが魅力的です。「村人」とも「人狼」とも異なる第3の勢力の存在が、ゲームの均衡を大きく変え、経験者ならではの手の内を知った心理戦が、人狼ゲーム特有の緊迫感を極限まで高めてくれています。
 
 一方で、処刑も自分達でやらされる等、グロいシーンも前作よりも増えているので、苦手な人には向かないかも知れません。
 
 ラストもややあっさりしている感がありますが、極限状態の心理戦を戦うヒロインに圧倒される、ハラハラのストーリーを是非お楽しみ下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※古畑星夏さん・・・本作の主演です。最近の映画では、「1/11 じゅういちぶんのいち」や「青鬼」、「近キョリ恋愛」や「L -エル-」等に出演していらっしゃる若手の女優さんで、川口春奈さんと山崎賢人さん主演の「一週間フレンズ。」にも出演されるそうですね。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>