僕らのごはんは明日で待ってる | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

切ないけれど温かい。不器用な2人の純愛物語。
 
2017年1月7日公開
監督:市井昌秀
出演:中島裕翔・新木優子 他
 
【賛否両論チェック】
賛:他人との関係を上手く築けない〝ネガティブ”な主人公と、秘密を抱えるが故に〝ポジティブ”に振る舞ってきたヒロインの、不器用すぎる恋の様子が、切なくも温かくて心に響く。命の尊さを説く内容にも考えさせられる。
否:設定や展開は割とありきたりか。セリフもなんだか小説チック。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 恋愛小説の映画化です。草食系の主人公とポジティブなヒロインとの、心温まる恋模様を描きます。主演は中島裕翔さんと新木優子さん。
 
 主人公は、よく1人でたそがれている高校生・葉山亮太(中島裕翔)。その日も彼は、教室の窓際にある自分の席でボーっとしていましたが、そんな彼に
「あの、たそがれてるところ悪いんだけど!!」
と、同級生の上村小春(新木優子)が声をかけてきます。実はこの時、教室では体育祭のミラクルリレー(障害物競走)に出る選手を選んでいる真っ最中。男女混合のレースでしたが、他人と距離を置く亮太とは、誰も一緒にレースに出たがらず、
「体育委員だから仕方なく・・・」
という理由で、小春は亮太と一緒に〝米袋レース”に出ることになったのでした。最初こそバラバラな2人でしたが、練習を重ねるうちに、次第に息も合っていきます。すると亮太はある時の練習後、最近病気で亡くなった兄のことを語り出します。実は彼がよくたそがれるようになったのも、仲が良かった兄の死が影響しているのでしたが、そんな亮太の話を小春は途中で遮ると、
「ゴメン、そういう話だったら、後でちゃんと聞くから。」
と言い残すと、出場するリレーの練習へと向かってしまうのでした。
 
 こうして迎えた体育祭当日。練習の甲斐あって、ミラクルリレーでは米袋レースの亮太&小春ペアが、他のチームをごぼう抜きし、見事に1位。総合優勝も果たしますが、抱き合って喜ぶチームの面々をよそに、小春は
「1位になったら、告白するって決めていた。」
と、亮太に突然告白します。しかし他人を知っていくことに恐れを隠せない亮太は、それを断ってしまい、なんとなく気まずい関係になってしまうのでした。それからしばらく経って、学校ではインフルエンザがまん延。小春も学校を休むようになり、心配になった亮太は、いてもたってもいられなくなり、彼女の家へと様子を見に行きます。一緒に近所の土手を散歩しながら、お互いの将来を語り合う2人。この時亮太は、まだ大学へ進学するつもりはなく、高校を卒業したら就職をするつもりでしました。しかし大学での夢を語る小春に感化され、彼女と同じ大学に行くという目標を立ててしまいます。ところがいざふたを開けてみると、小春は保育系の女子短大へ行くことになり、やむなく亮太は近くの大学へと通うことにするのでした。
 
 その頃には2人は恋人同士になっており、近くにあるケンタッキーでデートをしたり、亮太の家で小春がフライドチキンの再現に挑戦したりするようになっていました。そんなある日のこと、何気ないデート中に小春の家族のことを聞いた亮太は、彼女に両親がおらず、祖母に育てられてきたことを知ります。
「好きだったら、どんなことでも知りたいと思ってしまう・・・」
という亮太に対し、小春は複雑な表情を隠せません。やがて祖母への挨拶も済ませた亮太でしたが、その直後のデートで、亮太は小春から唐突に別れを告げられてしまうのでした…。
 
 兄の死がきっかけとなり、他人との距離を上手く取れなくなってしまった亮太と、〝とある秘密”を抱えながら、気丈にサバサバと振る舞ってきた小春。絵に描いたように不器用すぎる2人の切ない恋の様子が、7年という歳月を要所要所で切り取りながら、紡がれていくのが感動を誘います。
 
 同時に、「命の儚さや尊さ」といった大事なテーマも、巧みに織り込まれているのが印象的です。考えれば考えるほど、タイトルの意味が響いてきます。
 
 設定は言ってしまうとありきたりで、特に終盤のカーネルサンダースのシーンは
「いやいやー・・・(笑)」
と思ってしまうかも知れませんが(笑)、心温まる純愛ストーリーを、是非デートでご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※岡山天音さん・・・本作では、主人公の大学時代の同級生・塚原役。最近の映画では、彰義隊の悲劇を描いた「合葬」や、大人になる事を拒んだ少年達の「ライチ☆光クラブ」、中島健人さん主演の「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、マルチアングルで描かれるホラー「ドロメ 女子篇」「ドロメ 男子篇」、暴力に走る少年たちを描いた「ディストラクション・ベイビーズ」等に出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>