バック・イン・タイム | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ファンのみならずとも面白い。名作に隠された逸話の数々。
 
2017年2月4日公開
監督:ジェイソン・アーロン
出演:マイケル・J・フォックス
クリストファー・ロイド 他
 
【賛否両論チェック】
賛:不朽の名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にまつわる逸話や、作品を愛して携わり続ける往年のファンの姿に、映画というコンテンツの偉大さを感じさせる。
否:パート分けされている必要性はあまり伝わってこない。映像が、インタビューによっては少しブレているものがあるのも残念。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 今や不朽の名作となった「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。その製作秘話や作品を取り巻くファンの姿を追ったドキュメンタリーです。
 
 最初は「パート1:映画」。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が作品として世に送り出されるまでの秘話を、スティーブン・スピルバーグ監督やロバート・ゼメキス監督へのインタビューを通して、明らかにしていきます。
 
 中盤以降は「パート2:ファン」。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に魅せられた人々のインタビューをメインに、デロリアンを購入してタイムマシンを再現したり、劇中の宙に浮くボードを実際に製作しようと奮闘する姿を追います。
 
 そして最後は、インタビューをしてきた人々それぞれに、
「タイムマシンがあったら、いつの時代に行きたいか?」
を問いかけます・・・。
 
 まずは、台本が実際に映画になるまでの製作秘話が興味深いです。映画化をディズニーにかけ合った際に、
「ディズニーが近親相姦の映画を作るわけないだろ!!」
と言われたというエピソードが印象的です(笑)。
 
 そして今もなお作品をこよなく愛し、サポートし続けるファンの存在も、またステキです。夫が余命宣告をされたことがきっかけで、思いきって買いたかったデロリアンを購入して改造し、マイケル・J・フォックスのためにパーキンソン病の寄付を募って全国を走り続けているという夫婦のエピソードが、個人的には好きですね。
 
 もちろん「バック・トゥ・ザ・フューチャー」自体を知っておいた方がイイことは間違いありませんが、作品同様に本作も、大人から子供まで楽しめるものに仕上がっています。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>