フリークス・シティ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

無理はあるが楽しい。ケレン味たっぷりのブラックファンタジー!!
 
2017年1月24日公開
監督:ロビー・ピカリング
出演:ニコラス・ブラウン
バネッサ・ハジェンズ
マッケンジー・デイビス 他
 
【賛否両論チェック】
賛:人間・ヴァンパイア・ゾンビという3者の共存という独特な世界観で、コメディ色満載のストーリーが展開していくのが楽しい。主人公達の友情の再生も心温まる。
否:設定や展開は無理がありすぎて、思わずツッコミたくなる。グロシーンやラブシーンも結構あり。
 
ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 人間・ヴァンパイア・ゾンビが暮らす町で、突然エイリアンの侵略が始まるというコメディです。
 
 物語の舞台は、人間とヴァンパイアとゾンビが共存している町・ディルフォード。人間である主人公の高校生・ダグは、同級生のローレライに片想いをしていましたが、肝心のローレライは、ダグの家をマリワナの保管場所くらいにしか思っていませんでした。一方、ダグの幼馴染みで同じ高校に通う少女・ペトラは、イケメンヴァンパイアのミランに恋をしており、彼からヴァンパイア・パーティーに招かれ、浮かれているところでした。そしてもう1人、ダグの小学生の頃の親友で、こちらも同じ高校に通う天才オタク・ネッド。彼の兄のチョイ・ジュニアは、野球部のエースで将来を嘱望されている一方で、ネッドは両親から期待もされず、肩身の狭い想いをしていました。
 
 その日の放課後、チョイ・ジュニアと同じ野球部の二軍にいるダグは、一軍との練習試合に出るためにグラウンドへ向かいますが、そこには部のスポンサーであり、地元の人気サンドウィッチ“リブレット”の生産工場を経営するリックの姿もありました。ところがダグはリックを見ると、あからさまに不快感を示します。それもそのはず、ダグの母親はリックのせいで工場をクビにされてしまい、現在は無職。しかもリックはその話を、こともなげにネタにしてくるのでした。そんなリックの訓示をそこそこに聞き流したダグは、試合開始と共にバッターボックスへと入ったチョイ・ジュニアに対し、自慢の豪速球を投じます。ところが手元が狂い、ボールはチョイ・ジュニアの顔面を直撃し、彼は大ケガを負ってしまうのでした。
 
 その日の夜、ヴァンパイア・パーティーに参加したペトラは、ミランとイイ雰囲気になりますが、実はミランにはその気はなく、彼女をヴァンパイアにすることしか考えていませんでした。そのためペトラは首に噛みつかれ、ヴァンパイアになってしまいます。一方、兄のケガの話が発端となり、父親と大ゲンカになってしまったネッドは、失意の中でゾンビ居住区へと向かっていました。そこで、1人のゾンビの少女と出逢ったネッドは、迷うことなくゾンビになることを選ぶのでした。
 
 翌日、ペトラの姿は鏡には写らなくなり、血を飲むことも出来るようになりますが、ミランには冷たい態度をとられ、本命の恋人がローレライであることも知らされてしまい、ショックを隠せません。こうしてダグ・ペトラ・ネッドの3人が、それぞれの想いで空を見上げていたその日の夜、町の上空に突如巨大なUFOが出現します。恐れおののいた人間・ヴァンパイア・ゾンビは、それぞれ集会を開きますが、お互いを非難する結論に至ってしまい、3者の争いは激しい衝突へと変わってしまうのでした・・・。
 
 かくまってくれたダグのピアノの先生を、ペトラとネッドが食べてしまったり、
「俺についてこい!!」
と豪語していたおじさんが一瞬で食べられたりと、この作品ならではのケレン味たっぷりの演出に、ブラックだとは思いつつも笑ってしまいます。設定上はかなり無理がある感はありますが、3者がひしめき合う町を舞台にした、独特なファンタジーが紡がれていきます。
 
 同時に、かつて失ってしまった3人の絆が、立場が違った今だからこそ再び蘇ってくる様子も、なんだかホッコリします。
 
 急に驚かせるような描写もほとんどないので、とりあえず深く考えずに、笑って楽しみたい方にオススメです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※バネッサ・ハジェンズ・・・本作では、ヴァンパイアとなってしまうヒロイン・ペトラ役。最近の映画では、精神病棟に閉じ込められた少女の戦いを描いた「エンジェル・ウォーズ」や、生物の大小が逆転した島を舞台に描く「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」、春休みに犯罪に手を染める女子大生達を描いた「スプリング・ブレイカーズ」等に出演していらっしゃいます。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>