マグニフィセント・セブン | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これぞ西部劇。熱い男達の、痛快かつ壮絶な戦い!!
 
2017年1月27日公開
監督:アントワン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン
クリス・プラット
イーサン・ホーク 他
 
【賛否両論チェック】
賛:強大な敵に対し、アウトロー達1人1人が己の過去と向き合いながら、戦うことを選び、壮絶な死闘を見せるのが痛快。アクションシーンもド迫力で必見。
否:主人公達が上手いこと難を逃れて
いくのはお約束。展開もかなりのご都合主義。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 「七人の侍」や「荒野の七人」を原案に描いた作品です。独裁者に虐げられている町を救うため、7人の荒くれ者達が立ち上がります。主演はデンゼル・ワシントン。
 
 物語の舞台は、南北戦争後のアメリカ。金鉱の町であるローズ・クラークでは、町の人々が教会に集まっていました。実はこの町は、金鉱の掘削権を持つバーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)という男によって牛耳られており、保安官でさえも彼のいいなり。そんなボーグによって、安い対価で立ち退きを迫られている彼らは、自分達の今後を話し合っている真っ最中でした。諦めて出ていくか、それとも必死で築いた今の生活を守るのか、意見は分かれますが、そこへ当のボーグが手下達を連れてやって来ます。ボーグは改めて人々に脅しをかけると、教会から追い出し、火を付けて全焼させてしまうのでした。その上、彼の傍若無人な振る舞いに声を荒らげた男性・マチューが、妻・エマ(ヘイリー・ベネット)の目の前で射殺されてしまいます。さらに数人の市民を殺害したボーグ達は、同行していた保安官に、
「死体はそのままにしておけ。見せしめだ。」
と告げると、立ち去っていくのでした。
 
 ところ変わって、近くの町。1人の男・サム(デンゼル・ワシントン)がやって来ると、町の酒場へ入っていきます。よそ者の来店に、酒場には不穏な空気が漂いますが、そんな中でギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)だけは、臆することなくポーカーに興じているのでした。実はサムの正体は、委任保安官という名の賞金稼ぎ。酒場の店主がお尋ね者だったため、捕まえにやって来たサムは、銃をとろうとする店主の仲間逹を秒殺すると、抵抗しようとした店主も射殺してしまうのでした。そんな彼の腕前を、町を訪れていたエマが偶然目撃します。彼女はボーグからローズ・クラークを守るために、力を貸してくれる用心棒を探しているところでした。早速エマはサムに声をかけ、事情を説明。全財産を投げうつことを提示し、助けを乞うのでした。始めは渋っていたサムでしたが、相手がボーグだと知ると、最終的にこれを引き受けます。一方のジョシュはというと、テーブルの上の金をいただき、裏口から逃げようとしていたところを、彼をつけ狙っていたゴロツキ達に絡まれてしまいますが、手品を見せて隙が出来たところを撃ち倒してしまうのでした。
 
 その後ジョシュは、自分の馬を買い戻そうと、預けていた男の下を訪れますが、男は金をつり上げるばかりで、返してくれません。業を煮やしたジョシュが手を出そうとした時、やって来たサムが馬を買い取ります。サムは馬と引き換えに、ジョシュに協力を依頼。それからサム達は、流れ者のヴァスケス(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)、凄腕のスナイパー・グッドナイト(イーサン・ホーク)と、その相棒・ビリー(イ・ビョンホン)、そして粗暴なハンター・ジャック(ビンセント・ドノフリオ)と、原住民の戦士・レッドハーベスト(マーティン・センズメアー)と、荒くれ者ばかりを仲間に加え、一路ローズ・クラークを目指すのでした・・・。
 
 権力をかさに、傍若無人の限りを尽くす悪党に対し、なす術のない弱き人々に代わり、腕に覚えのある7人のアウトロー達が立ち上がるという、アクションモノとしてはこれ以上ない痛快なシチュエーションです。圧倒的な人数と火力で迫り来る敵に対し、主人公達がその腕前と策略でどう立ち向かっていくのか、そしてどんな結末を迎えるのか、必見です。
 
 そんな主人公達ですが、粗暴な者が多い中で、1人1人にドラマがあるのもまた魅力的なところ。ただお金のためだけではなく、己の過去と向き合い、戦うことを選ぶ猛者達の姿がカッコイイです。
 
 アクションシーンも圧巻で、大迫力で描かれる市街戦は、思わず圧倒されます。是非劇場でご覧下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※ヘイリー・ベネット・・・本作では、夫を殺された未亡人・エマ役。最近の映画では、エミリー・ブラント主演のミステリー「ガール・オン・ザ・トレイン」で、行方不明となる女性役を演じていらっしゃるほか、4月には全編一人称視点で描かれたアクション「ハードコア」にもヒロイン役で出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>