屍憶 SHIOKU | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「全ての出来事には理由がある。」ラストで明かされる、哀しすぎる真実。
 
2017年1月21日公開
監督:リンゴ・シエ
出演:クリス・ウー
ニッキー・シエ 他
 
【賛否両論チェック】
賛:無関係な2つの怪奇現象が、事件の進展を通して巧みに絡まり合い、1つの哀しい物語を紡いでいく様子が、恐ろしくも切ない。ホラーとしても上質。
否:急に驚かせる描写がかなり多いので、ホラーが苦手な人には絶対に向かない。
 
ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがかなりあり
 
 
 古来より一部の地域で実際に行われていたという、亡くなった女性との婚礼の儀“冥婚”に着想を得て、作られたホラーです。
 
 恋人・イーハンとの結婚式を間近に控えた、テレビ番組のプロデューサー・ハオは、奇妙な悪夢に苛まれていました。それは1人の男性が、花嫁装束を来た女性の遺体と、むりやり婚礼の儀式をさせられているというものでした。ある日の朝、いつものように悪夢にうなされて目を覚ましたハオは、自身の肩に見なれない引っかき傷があることに気がつきます。不審に思いながらも、日課のジョギングに出かけたハオでしたが、ふと公園で休憩している最中に、突然していたイヤホンから怪しげな音が聞こえてきます。そして生暖かい風に彼が振り返ると、後ろの木の根本に真っ赤な封筒が落ちているのでした。ハオが何気なく手にとると、ふとした瞬間に封筒は消えてしまいます。
 
 ところ変わって、とある高校に通っている少女・インイン。16歳の誕生日のその日の放課後、親友に遊びに誘われるインインでしたが、次の瞬間、親友の足元に顔が半分なくなった犬の亡霊を見てしまいます。その直後に親友の下には、
「家の犬が車にはねられてしまった。」
という電話が入るのでした。仕方なく1人で家に帰ったインインは、自宅でも怪しげな女性の人影を見てしまうのでした。
 
 一方のハオは、番組で“冥婚”について取材。かつて未婚で亡くなった女性は、先祖代々のお墓には入れなかったため、不憫に思った女性の親族が、女性の髪が入った赤い封筒を道に落とし、拾った男性と49日以内に婚礼の儀式を行うと、成仏出来るとされたものでした。ハオは自身の最近の悪夢も、この取材が原因だと考えていましたが、彼はその日の収録の後で、同席した霊媒師の老婆から、
「全ての出来事には理由がある。気をつけなさい。」
と忠告されます。その言葉通り、イーサンとの結婚式の日取りも近づいてくる中で、ハオの周囲では不可解な怪奇現象が起こり続けるのでしたが・・・。
 
 “冥婚”という特殊な儀式に取り憑かれてしまった主人公と、謎めいた怪奇現象に悩まされる高校生。一見無関係なこの2人に振りかかった出来事が、お互いにどう関係していくのか。その絶妙な絡まり具合が圧巻で、明らかになる驚がくの真実には、恐怖の中にも哀しさが溢れています。
 
 ホラー映画としても良質で、お約束のシーンでのお約束の恐怖演出も沢山あって、なんとなく感じつつもハラハラさせられること必至です。
 
 という訳で、ホラーが苦手な人には全く向きませんが、怖いもの観たさには是非オススメです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>