シーボーグ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

何も考えずに楽しみたい。サイボーグに立ち向かう反抗期少女!!
 
2017年1月17日公開
監督:ダニエル・アームストロング
出演:ホイットニー・ダフ
デイジー・マスターマン 他
 
【賛否両論チェック】
賛:ブッ飛んだ世界観の中で、あくまでもレジスタンスを貫こうとする反抗期な少女の大立ち回りを、何も考えずに楽しめる。
否:ストーリーは有って無いようなもので、なおかつ描写もB級感が満載なので、いわゆる普通の映画を期待してみると、ガッカリ感が半端ない。グロシーンもかなりあり。
 
ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 突如飛来した凶悪な宇宙サイボーグと、不良少女達との戦いを描いたコメディ・アクションです。
 
 町の郊外に貼られた市長選挙のポスターに、スプレーで落書きをしている少女・ディラン。実は市長の娘でもある彼女は、父親からの抑圧に耐えかね、悪友のエディと共に不良になっていました。その後2人は、調子に乗って停まっていたパトカーにも落書きをし、警官達に追いかけられることに。廃墟を縦横無尽に逃げ回るディランとエディでしたが、最後には捕まってしまい、警察からお灸を据えられてしまいます。そしてディランは、身元を引き受けに来た市長(父)からも、厳しい小言を言われてしまうのでした。
 
 時を同じくして、地球のはるか上空には、宇宙船が停まっていました。その船内では凶悪な女サイボーグ・009OTZが、今まさに処刑されようとしていました。ところが009OTZは、隙を突いて反撃に転じ、看守のサイボーグ達を倒すと、小型の宇宙船で逃走します。そのまま地球へと不時着した009OTZは、近くにあった犬の保護センターの職員達を次々と洗脳し、仲間に変えていくのでした。
 
 一方ディランとエディは、警察署で一緒になったバンドマンのリックと、バーで意気投合します。反体制的なことをしようとしているリックは、
「この近くの犬の保護センターで、日常的に虐待が行われている。襲撃して犬達を解放しよう!!」
と提案。早速3人は下見のために、リックの車で保護センターへと向かうことにします。かくして凶悪なサイボーグ集団と不良少女達による戦いの火蓋が、切って落とされるのでしたが・・・。
 
 これぞ“ザ・B級映画”といった感じでしょうか(笑)。設定も展開も描写もメチャクチャですが、観ているとあまりにもブッ飛びすぎていて、段々そこが面白くなってきます。
 
 抑圧されることを嫌う、反抗期真っ只中のヒロインが、こちらも変わり者の友人達と共に、極悪な宇宙サイボーグに乗っ取られた犬の保護センターで、大立ち回りを繰り広げます。そして最終的には、地球を守るため最後の決戦に挑んでいくことになるんですが、その過程もストーリーは有って無いようなものなので、何も考えずに純粋にヒロインの活躍を楽しむのをオススメします(笑)。
 
 グロシーンはメチャメチャ多いので、それだけお気をつけて。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>E
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>