新宿スワンⅡ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「信じていれば空も飛べる。」諦めない者達の壮絶な闘い。
 
2017年1月21日公開
監督:園子温
出演:綾野剛・浅野忠信・伊勢谷友介 他
 
【賛否両論チェック】
賛:進出を狙った横浜で潰されかけ、新宿での後ろ盾も失った主人公達が、起死回生の一手を狙い孤軍奮闘する姿がカッコイイ。クライマックスの痛快さは言うまでもなく、サイドストーリーも含め、最後に残るふとした切なさも印象深い。
否:暴力シーンがかなり多いので、苦手な人や教育上はよろしくない。前作の知識もあった方がイイ。
 
ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・暴力シーンが多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも
 
 
 人気コミックの実写映画化・第2弾です。新宿のスカウトマンの壮絶な戦いを描きます。主演は綾野剛さん。
 
 前作で新宿のスカウト会社「バースト」に加わり、のしあがった主人公・白鳥龍彦(綾野剛)。彼はその面倒見のよさから、歌舞伎町の女性達から好かれているのでした。ある日のこと、いつものようにスカウトをしていた龍彦は、1人の女性から声をかけられます。その女性・マユミ(広瀬アリス)は、闇金から借金があり、歌舞伎町で働いて返済しようとしているとのことで、親身な龍彦は早速相談に乗ろうとします。ところがそこへ、部下の鼠賀(桐山漣)が、ケンカの仲裁を求めにやって来たため、やむなく龍彦は、顔馴染みのママ・涼子(山田優)がいる高級クラブ「ムーランルージュ」を紹介すると、渋谷のスカウトマン・森長(上地雄輔)が暴れているケンカの現場へと向かうのでした。
 
 その後、事務所へと戻った龍彦は、真虎(伊勢谷友介)達幹部の面々が集まっている場に遭遇します。そこで会長の山城(豊原功輔)は、シマを広げるために、全酒連によって新しく2店舗の大きなクラブが出来るという、横浜への進出を提案するのでした。ところが“横浜”という言葉を聞いた幹部達の顔色は、何故か優れません。それもそのはず、横浜は「ウィザード」というスカウト会社が牛耳っており、しかも会長の滝正樹(浅野忠信)は、バーストの幹部・関玄介(深水元基)と、浅からぬ因縁があるのでした。結局まずは手始めに、関と龍彦が横浜に乗り込むことになります。
 
 早速横浜に乗り込み、鼠賀達と共にスカウトを始める龍彦でしたが、すぐに嗅ぎつけたウィザードのハネマン(中野裕太)達が妨害にやって来ると、両者は激しく大立ち回りを繰り広げ、警察が出動する騒ぎになります。ところが、陣頭指揮を執る刑事の砂子(笹野高史)は、滝によって買収されているため、龍彦達バーストの面々だけが、一方的に連行されてしまうのでした。時を同じくして、滝の姿は新宿にありました。実は今回の件を機に、滝は逆に新宿を手に入れようと考え、バーストのケツ持ちをしている暴力団「紋舞会」の会長・天野修繕(吉田鋼太郎)に上納金を渡し、バーストに代わってウィザードの面倒を見てくれるよう頼みます。すると天野はこれを承諾し、バーストは新宿での後ろ楯をなくしてしまいます。そこで真虎は、やむなく龍彦達を表向きには破門し、事態の収集を図ると共に、彼らが横浜で自由にスカウトとして動けるようにするのでしたが・・・。
 
 取り立てて前作の説明をしてくれる訳ではないので、予備知識はあった方がよさそうです。前作でバーストにとって不可欠な存在となったスカウトマン・白鳥龍彦が、今度は完全アウェイの横浜を舞台に、困難に全力でぶち当たっていきます。横浜を牛耳り、腕力でも権力でも龍彦を圧倒する強敵・滝に対し、龍彦達バーストがどう形勢逆転を狙っていくのか、ラストまで目が離せません。
 
 また、バースト・関の滝との因縁や、龍彦のかつての友・洋介の存在等、見どころには事欠きません。同時に、どこか不安定なヒロイン・マユミのサイドストーリーも、魅力の1つ。
「信じていれば空も飛べる。」
という言葉の解釈を巡る龍彦の話が、とってもステキです。
 
 もう少し丁寧な人物描写が観たかった感もありますが、主人公達の痛快な戦いが堪能出来る作品です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※桐山漣さん・・・本作では主人公・龍彦の部下の鼠賀役。「仮面ライダーダブル」で注目を集めた方で、最近の映画では「RUN60」や「吉祥寺の朝日奈くん」での主演や、剛力彩芽さん主演の「L♥DK」、山本美月さん主演の「東京PRウーマン」、そして平愛梨さん主演の「呪怨 ザ・ファイナル」等々、話題作に多数出演していらっしゃいます。
 
※佐藤祐基さん・・・本作ではバーストのメンバーとして、主に桐山漣さん演じる鼠賀と行動を共にしています。水嶋ヒロさん主演の「仮面ライダーカブト」での仮面ライダーガタック役で有名な方で、最近の映画では、谷村美月さん主演で謎の怪盗少女を描いた「サルベージ・マイス」にも出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>