アブノーマル・ウォッチャー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

絵に描いたような変態像。不気味でスリリングな展開と、後味の悪いラスト。
 
2017年1月7日公開
監督:ビクター・ザーコフ
出演:PJ・マッケイブ
ブリアンヌ・モンクリーフ
サラ・ボールドウィン 他
 
【賛否両論チェック】
賛:変態的な監視男と、それを知らない若夫婦が巻き込まれるトラブルに、思わずハラハラさせられる。怖いもの見たさには向いている。
否:敏感な人には気持ちが悪くなるような不気味なシーンが続くので、ヘドが出るかも。
 
ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 貸し家に隠しカメラを取りつけた異常な男と、知らずに越してきた夫婦が巻き込まれる悲劇を描きます。
 
 身重の妻・クレアと夫・ライアンの若夫婦は、貸し物件になっていた一軒家に引っ越してきたところでした。大家のジェラルドは愛想もなく不潔感満載で、クレアは不快感を露にしますが、ライアンはそんなクレアを優しくたしなめます。一見上手くいっているように見える夫婦仲でしたが、引っ越し祝いに友人の夫妻・オードリーとポールがやってくると、ライアンはポールに
「最近ではケンカどころか議論もなく、妻の好き勝手に付き合うだけ。」
と、グチをこぼすのでした。
 
 ところが実はこの家、ありとあらゆる所に隠しカメラが仕掛けられており、夫婦の生活は全てジェラルドによって監視されていました。そうとは知らないクレアとライアン。やがてライアンはクレアの留守中に、不倫相手である職場のアシスタント・ハンナを招き入れるようになります。その一部始終も全て、ジェラルドの知るところとなるのでした。その後ジェラルドは、夫婦の留守を見計らって頻繁に家へと出入りしながら、カギがかかっていて夫婦も入れずにいるクローゼットの中を、防音仕様に改造していくのでした。
 
 そんな中、精神的に不安定なクレアと、ハンナとの関係がこじれてしまったライアンとの間には、次第に距離が出来てしまいます。そうした2人の行動も、全てジェラルドはじっと見ているのでしたが・・・。
 
 家での行動をじっと監視して、留守中には侵入して変態的な行動をとるという、まさに絵に描いたようなサイコパスの様子に、嫌悪感を催す人も多いはず。逆に言うとかなりリアルです。
 
 そして、そんなこととは露知らずに暮らす若い夫婦にも、妊娠や不倫といった気苦労が絶えず、その辺りが監視男の行動とどう絡んでいくのか、それもまたスリリングな要素になっています。
 
 終わり方もあまり気持ちのイイものではありませんが、怖いもの見たさには是非オススメです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>