傷物語 Ⅲ 冷血篇 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

奇抜すぎる世界観。予備知識必須の異色アニメ!!
 
2017年1月6日公開
監督:新房昭之・尾石達也
出演(声):神谷浩史・坂本真綾・櫻井孝宏 他
 
【賛否両論チェック】
賛:吸血鬼の本性を知った主人公が、自らの責任と使命に葛藤し、決意を固める様子が、なんとも独特な世界観で描かれるのが印象に残る。登場人物それぞれの想いを受けて下される、ラストの決断も切ない。
否:前作までの知識は必須。必然性に疑問が残るお色気シーンや、かなりのグロシーンも多く、苦手な人には向かない。
 
ラブシーン・・・お色気シーンがあり
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 ヴァンパイアもどきとなった高校生を描いた3部作、その最終章です。
 
 ひょんなことから、瀕死だった吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(声:坂本真綾)を自らの血で助け、彼女の眷属となった高校生・阿良々木暦(声:神谷浩史)。阿良々木は人間に戻るため、キスショットの両手足を奪った3人の吸血鬼ハンター、ドラマツルギー・エピソード・ギロチンカッターと戦い、これに勝利。見事両手足を取り返すことに成功するのでした(前作まで)。
 
 ギロチンカッターから両手を持ち帰ってきた交渉人・忍野メメ(声:櫻井孝宏)に対し、阿良々木は新たに沸いた疑問をぶつけます。それは、
「元は普通の高校生だった自分が、眷属というだけで3人のハンターに勝ってしまうくらいなのに、どうしてキスショットはその3人に手足を取られてしまったのか?」
というもの。それに対し忍野は懐から、その答えとなるものを取り出します。それはキスショットの心臓。実は忍野がキスショットに気づかれないように、こっそり彼女の心臓を盗み取っていたため、キスショットはその力を充分に発揮することが出来ず、ハンター達に破れてしまったのでした。結局忍野は心臓を阿良々木に返すと、その場を去っていくのでした。
 
 無事に残りの両手と心臓を取り返したキスショットは、完全体に復活。阿良々木は元の人間に戻れることになりますが、どこか複雑な心境を隠せません。そんな時阿良々木は偶然、吸血鬼の本当の姿を垣間見てしまいます。それはキスショットが、やってきたギロチンカッターを殺し、その肉を貪り喰っているところでした。恐れおののく阿良々木でしたが、やがてその脳裏に、忍野の
「阿良々木君、最近・・・お腹すかない?」
という言葉が蘇ってきます。その意味を理解した阿良々木は、自身に流れる吸血鬼の血に恐怖すると同時に、キスショットをこのままにはしておけないという想いに苛まれてしまうのでした・・・。
 
 特にあらすじは説明してくれないので、前作までの予備知識は不可欠です。ハンター達との戦いを制し、人間に戻れるはずの阿良々木が、自分が助けたキスショットの吸血鬼としての本性を知ってしまい、自身の責任を葛藤する過程が、不気味で奇怪な雰囲気と共に、淡々と描かれていきます。
 
 そして下される、阿良々木とキスショットのそれぞれの決断と戦いに、ヒロインの羽川翼と謎の男・忍野メメがどう関わってくるのか、息を飲むラストにも要注目です。
 
 必要性を感じないお色気シーンや、身体が沢山ちぎれるグロシーンもあるので、苦手な人には向きませんが、シリーズのファンの方々には是非オススメです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売決定!!>