オケ老人! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

やりたいことは何なのか。背中を押される温かコメディ!!
 
2016年11月11日公開
監督:細川徹
出演:杏・黒島結菜・坂口健太郎 他
 
【賛否両論チェック】
賛:間違えて入ったオーケストラで、始めはやる気がなかった主人公が、演奏者として挫折するうちに、次第に人間として成長していく姿が印象的。そんな彼女と共に、オーケストラ全体が変わっていく様子にも、また感動させられる。
否:内容の割に上映時間が長い感は否めず、眠くなってしまいそう。展開もかなりのご都合主義。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし
 
 
 ひょんなことから、素人オーケストラの指揮者を任されたヒロインの、ドタバタ奮闘劇を描きます。主演は杏さん。
 
 主人公の高校教師・小山千鶴(杏)は、赴任先の梅が岡で地元の交響楽団の演奏を聴き、感動していました。学生時代にオーケストラでヴァイオリンを弾いていた千鶴は、いてもたってもいられなくなり、インターネットでそれらしい楽団を検索。「梅が岡交響楽団」のホームページを見つけると、なんと楽団員を募集中とのこと。しかもダメ元で電話をかけてみると、なんと
「是非ウチのメンバーになってほしい!!」
と頼まれ、千鶴は有頂天に。早速翌日、喜びいさんで練習場所の公民会館へと向かうのでした。
 
 ところが、いざ公民会館で待っていると、やって来るのは地元の老人達ばかりで、千鶴は困惑します。やがてやって来た会長の野々村(笹野高史)から、昨日定期演奏をしていたのは、梅が岡交響楽団とは全く関係ない、むしろ浅からぬ因縁のある「梅が岡フィルハーモニー」だったことを知らされるのでした。久しぶりの若者の加入とあって、老人達は大喜び。そんな中で、今さら勘違いだとは言えなくなってしまった千鶴でしたが、如何せん老人達の演奏はひどいもので、やる気も感じられず、千鶴は閉口してすぐに退会届を出そうとします。
 
 そんな千鶴を、野々村は孫娘で千鶴の生徒でもある和音(黒島結菜)と共に、なんとか引き留めようとしますが、その最中、野々村が持病の心臓発作で倒れてしまいます。幸い大事には至りませんでしたが、しばらくは野々村が指揮をすることは出来なくなってしまい、千鶴は成り行きで指揮をすることになってしまうのでしたが・・・。
 
 やる気満々で入ったオーケストラが散々で、最初は他のオーケストラへの移籍ばかりを考えていた主人公が、メンバーの老人達と向き合っていく中で、そして自分自身のやりたいことと向き合っていく中で、次第に今の仲間達と共に成長する道を選んでいく様が、コミカルかつ感動的に描かれていきます。
 
 そして、それは彼女だけにとどまらず、オーケストラのメンバーにも派生。主人公に引っ張られるように、演奏者としても人間としてもまだまだ成長していく老人達の様子もまた、どこか切なくも温かい雰囲気があります。
 
 急に世界的指揮者が現れたり等、ご都合主義な展開もご愛嬌。沢山笑って感動させられる、そんな作品です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※黒島結菜さん・・・本作では、梅が岡交響楽団の会長・野々村の孫娘・和音役。新進気鋭の若手女優さんで、最近の映画では、特殊能力を持つ者達の戦いを描いた「ストレイヤーズ・クロニクル」や、寄せ集めの家族が次第に本物になっていく「at Home」、恋人を失った主人公の心の再生を描いた「流れ星が消えないうちに」や、人気コミックの実写映画化「ストロボ・エッジ」等に出演していらっしゃいます。最新作では、能力を持つ少年少女達のミステリー「サクラダリセット」でのヒロイン役でも出演されるそうなので、そちらにも注目です。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売決定!!>