土竜の唄 香港狂騒曲 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ブッ飛んだ痛快な世界観。非道な世界で正義を貫く、異端の主人公!!
 
2016年12月23日公開
監督:三池崇史
出演:生田斗真・堤真一・瑛太 他
 
【賛否両論チェック】
賛:前作の知識がなくても大丈夫。非道な世界の中で、自分のやり方で正義を貫こうと奮闘する主人公の姿が、痛快でカッコイイ。ブッ飛んだ世界観に、あまり深く考えずに酔いしれることが出来る。
否:お色気シーンや暴力シーンが多く、デートや家族サービスには向かない。ブッ飛んだ世界観も、賛否はあるか。
 
ラブシーン・・・結構あり
グロシーン・・・殺害シーン等結構あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも
 
 
 人気マンガの実写映画化、その続編です。暴力団に潜り込んだ潜入捜査官の奮闘を描きます。主演は生田斗真さん。
 
 物語の主人公は、潜入捜査官の菊川玲二(生田斗真)。交番勤務の巡査だった彼は、その正義感を署長の酒見(吹越満)に見出だされ、表向きは素行不良でクビになったことにして、暴力団「数寄矢会」へと潜り込みます。最終目標は、トップに君臨する会長の轟周宝(岩城滉一)を挙げること。思いがけず、数寄矢会傘下の「日浦組」の組長・“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わした玲二は、日浦組の若頭として、大阪に拠点を置く蜂乃巣会との抗争に巻き込まれてしまうのでした(前作)。
 
 日浦と玲二は大阪に乗り込み、蜂乃巣会を叩くと、会長は殺さずに五分五分の契りで恩を売ります。その直後、玲二は契りに納得が行かない蜂乃巣会の組員達にサウナで襲われますが、実はこれは日浦の罠。日浦はヘリコプターでサウナの部屋ごと組員達を一網打尽にすると、到着した轟達の前で、火あぶりにします。しかし何故か玲二はそのまま放っておかれ、一緒に火あぶりになってしまうのでした。この頃には玲二は、完全に全国指名手配犯になっていました。
 
 勝手に蜂乃巣会と手を打った日浦に対し、数寄矢会の上層部はカンカンでしたが、轟はというと、虎視眈々と会長の座をうかがう日浦の姿勢に感心し、直々の盃を交わします。そして同時に、最近日本に進出してきている中国マフィア「仙骨竜」の掃討を日浦に命じ、轟自身のボディーガードを玲二に命じるのでした。玲二は
「轟周宝の尻尾をつかむチャンス!!」
と意気込みますが、日浦は至って冷静で、周宝が日浦を台頭させないように無理難題を押しつけ、人質として玲二を自分の下に置いたことを見抜いていました。かくして日浦は仙骨竜との戦いに、そして玲二は一癖も二癖もある轟ファミリーの警護に当たることになるのでしたが・・・。
 
 前作の知識は勿論あった方がイイとは思いますが、冒頭で全部説明はしてくれるので、最悪知らなくても大丈夫そうです。
 
 今回は、前作よりもより本丸に踏み込んだ玲二が、中国マフィアとの抗争や組織犯罪対策課の追跡に巻き込まれながら、その中で彼なりに正義を貫こうと孤軍奮闘する姿が、非常に痛快です。ラストの啖呵を切るシーンなんかは、メチャメチャカッコイイですね(笑)。
 
 お馴染みのドタバタ劇は今回も全開で、さらにスケールアップ。お色気シーンが多いのがやや気にはなりますが、良くも悪くも玲二がその熱すぎる不器用さで、降りかかる困難をどう乗り越えていくのか、必見です。
 
 あまり深く考えずに、痛快な娯楽作品として楽しみたい1本です。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※久松郁実さん・・・本作では、仙骨竜によって人身売買のオークションにかけられてしまうチーリン役。最近の映画では「青鬼 ver.2.0」や「東京PRウーマン」、「桜ノ雨」や「白鳥麗子でございます! THE MOVIE」、そして「オオカミ少女と黒王子」等に出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売決定!!>