ドント・ブリーズ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

想定内のストーリーに、想像以上の恐怖。幽霊が出ないパニックホラー。
 
2016年12月16日公開
監督:フェデ・アルバレス
出演:ジェーン・レビ
ディラン・ミネット
スティーブン・ラング 他
 
【賛否両論チェック】
賛:大金を盗みに入った若者達が、家主の異常な老人の反撃に遭い、次第に追いつめられていく姿が、パニックホラーさながらの緊迫した描写で描かれていく様に、ハラハラさせられること必至。
否:ホラー映画ではないものの、急に驚かせるシーンが多く、苦手な人には向かない。グロシーンもあり。
 
ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがかなりあり
 
 
 大金を隠し持つとされる盲目の老人の家に忍び込んだ若者達に、想像を絶する恐怖が襲いかかります。
 
 デトロイトのとある高級住宅。不良少女のロッキー(ジェーン・レビ)は、友人のアレックス(ディラン・ミネット)と恋人のマネー(ダニエル・ゾバット)と共に、空き巣を繰り返していました。ロッキーの母親は、男と自堕落な生活を送り続けており、まだ幼い妹・ディディの面倒を始め、家のことは全てロッキーがこなしている毎日。彼女はいつかディディとこの町を抜け出すために、アレックス達との盗みをやめるわけにはいかないのでした。
 
 そんなある日、マネーが取引相手の古物商・ラウルから、過疎化が進む荒廃した地区で暮らす、1人の老人(スティーブン・ラング)の話を仕入れてきます。それによると、その老人は元軍人で、最近彼の一人娘が交通事故で死去。事故を起こした相手の少女が資産家の令嬢だったことから、30万ドルは下らないであろう、莫大な示談金が入っているとのことでした。これを盗めれば町を抜け出す千載一遇のチャンスだと、ロッキーとマネーは色めき立ちますが、慎重派のアレックスは一旦は反対し、やらないと言い出します。それでも、
「妹を助けたい!!」
というロッキーの熱意に押され、アレックスも計画に加わることになるのでした。
 
 3人の下見は完璧でした。過疎化したその地区は、4ブロック先まで近隣住民はおらず、警官の巡回もありません。おまけに目当ての家の老人は、イラク戦争で目を負傷し、盲目でした。これは楽勝だと、3人はその日の夜、早速老人の家へと忍び込みます。しかし3人はまだ知るよしもありませんでしたが、実はこの老人、聴覚が異常に発達しており、しかもサイコパス的な異常思考の持ち主だったのでした。こうして何も知らずに忍び込んだ3人に、身の毛もよだつような恐怖が襲いかかるのでしたが・・・。
 
 幽霊が出るわけでも、超常現象が起きるわけでもありませんが、急に驚かせる描写も多く、メチャメチャ怖いです(笑)。簡単に金を盗めると思い、盲目の老人の家へと忍び込んだ若者達に、異常な聴覚を持つサイコパスな老人が、鬼の形相で襲いかかってきます。助かりそう・・・で助からず・・・でも助かる・・・のかというハラハラの展開に、怖いながらも目が離せません。
 
 一方で後半は、突如発覚したとある謎にも焦点が当てられ、そこから老人の異常さがさらに明らかになっていきます。この辺りの設定や展開は、やや好みが分かれそうなところではありますね。
 
 ツッコミどころは多々ありますが、それを言うのは野暮というもの。幽霊が出てこない極上のパニックホラーを、是非体感してみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売決定!!>