闇金ウシジマくん ザ・ファイナル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“優しさ”の無力さに憤る。社会の縮図を切り取る問題作。
 
2016年10月22日公開
監督:山口雅俊
出演:山田孝之・綾野剛・永山絢斗 他
 
【賛否両論チェック】
賛:優しさ故に身を滅ぼしていく竹本の姿が、丑嶋と鰐戸三兄弟との戦いの中で、なんとも切なく映るのが印象的。社会の裏側で苦しむ人々のリアルを描き出す内容に、改めて考えさせられる。
否:狂気の登場人物達による理不尽な暴力は、観る人によってはヘドが出そう。足の切断等、グロシーンもかなりあるので、苦手な人には向かない。
 
ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも
 
 
 最強の闇金・丑嶋馨を描いた作品・最終章です。主演は引き続き、山田孝之さん。
 
 “10日で5割”の暴利で金を貸す闇金「カウカウファイナンス」。そこへある日、竹本(永山絢斗)という1人の青年が訪れます。実は彼は、社長の丑嶋馨(山田孝之)や柄崎(やべきょうすけ)の中学時代の同級生。そんな竹本は丑嶋に、
「金を貸してほしい。」
と持ちかけますが、丑嶋は、
「知人としてか?客としてか?知人としてなら、俺は金の貸し借りはしない。客としてなら、ウチは10日で5割だ。」
と、冷徹に言い放つのでした。
 
 結局金が借りられなかった竹本。人の良さが災いし、すっかりホームレスにまで落ちぶれていた彼はその夜、駅前で1人の男に声をかけられます。その男・鰐戸(がくと)二郎(YOUNG DAIS)に誘われるがままに、車に乗って連れてこられたのは、浮浪者達が共同生活を営む「誠愛の家」でした。そこでは、全てを牛耳る鰐戸3兄弟に金を貸し出された浮浪者達が、安価な賃金で借金も返せぬまま、死ぬまでこき使われているのでした。実はこの鰐戸一(安藤政信)・二郎・三蔵(間宮祥太朗)は、かつて丑嶋と一戦を交えた間柄で、特に三蔵は丑嶋に頭を割られた過去から、
「丑嶋を絶対に殺す!!」
と、日々憎しみを燃やし続けていました。
 
 一方、丑嶋の周りでも、不穏な動きが漂い始めます。彼から金を借りていた美容業界のカリスマ社長・今井万里子(真飛聖)は、自らのパーティーで知り合った悪徳弁護士・都陰(八嶋智人)に、カウカウファイナンスへの過払い金請求を依頼。そして前作で丑嶋の策略にハメられ、懇意にしていたヤクザを瀕死に追いやられた同業者、「ライノーローン」の犀原茜(高橋メアリージュン)も、
「落とし前をつけてもらうからな!!」
と、丑嶋に啖呵を切るのでした。そして遂に、カウカウファイナンスの存在は鰐戸3兄弟の知るところとなり、丑嶋達は一気に窮地へと追い込まれてしまうのでしたが・・・。
 
 一応お話としては、前作までを観ていなくても楽しめそうですが、過去のネタも登場するので、やはり観ておいた方がイイかと思います。
 
 今回は最強の闇金・丑嶋馨の中学時代にもスポットが当てられ、過去と現在を行き来しながら、最凶の3兄弟・鰐戸達との壮絶な命のやり取りを描いていきます。その中で、優しさだけが取り柄の竹本が、その優しさ故に自ら破滅へと進んで歩いていく様に、なんとも言えないやりきれなさが残ります。
 
 また、理不尽な暴力が果てもなく繰り返されるストーリーは、思わず目を背けたくなるほどで、苦手な人には全く向きません。
 
 そんな全部を引っくるめて、社会の裏側を否応なく突きつける、ある種の社会派の作品といえそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※太賀さん・・・本作では、永山絢斗さん演じる竹本と相部屋になる青年・甲本役。最近の映画では、自殺した親友の足跡を辿る青年を描いた「走れ、絶望に追いつかれない速さで」での主演や、「アゲイン 28年目の甲子園」や「あん」、「マンガ肉と僕」や「淵に立つ」といった小ぶりの作品に多く出演していらっしゃいます。12月公開の「アズミ・ハルコは行方不明」にも出演されていますので、そちらにも要注目です。
 
※YOUNG DAISさん・・・本作では、鰐戸3兄弟の次男・二郎役。最近の映画では、荒廃した東京を描いた「TOKYO TRIBE」や、北海道警の不祥事を描いた実話「日本で一番悪い奴ら」等に出演されています。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」発売決定!!>