インターン! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「あなたには価値がある。それを証明しよう!!」

 

2016年11月5日公開
監督:吉田秋生
出演:新木優子・岡本杏理・風間トオル 他

 

【賛否両論チェック】
賛:インターンを通して、自分に自信が持てなかった主人公が変わっていく様子や、その親友に憑依したCEOが、自身のビジネスマインドで部活を立て直していく様が、面白い中にも考えさせられるものがある。
否:内容はやや説教臭く、人によっては退屈してしまうかも。展開もかなりの予定調和感がある。

 

ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし

 

 

 実在する企業のインターンシップを通して、成長していく女子大生の姿を描きます。主演は新木優子さん。

 

 物語の主人公は、「かるた研究部」に所属する大学3年生・川倉晴香(新木優子)。彼女はその日、親友の浜崎真希(岡本杏理)に誘われ、学校で行われたインターンシップの説明会に出席していました。IT企業「ワークスアプリケーションズ」CEOの牧野政幸(風間トオル)の講演を聞き終えた後、インターンシップの申込書を書く段階になり、真希は
「私は・・・やっぱりイイや。」
と参加をやめますが、晴香はなんとなく迷っていました。そんな晴香を見て、真希は背中を押そうと、半ば強引に彼女の申込書を提出してしまうのでした。ところが、事件はその帰り道に起こりました。真希が誤って晴香を突き飛ばしてしまい、晴香は道路に飛び出してしまいます。車にはねられそうになった晴香を助けようと、たまたまそばで車に乗り込もうとしていた牧野が飛び込み、身代わりにはねられてしまったのでした。

 

 次に牧野が目を覚ますと、そこは病院でした。不思議と怪我はしていませんでしたが、誰も彼のことは気がつかない様子。するとそんな牧野の前に、死神(佐野岳)が姿を現します。そして牧野は、
「今あんたは霊魂の状態。本当はあの事故で晴香の寿命は尽きるはずだったのに、あんたが助けたせいで、代わりにあんたの寿命が尽きかけている。」
と、衝撃の事実を告げられるのでした。牧野が助かるためには、誰かに憑依して晴香を殺さなければならないとのことで、それは出来ないと感じた牧野は、自らの命を諦めることにします。

 

 ところが、そんな牧野の様子を見た死神は、
「あんたと晴香、2人が助かる方法が1つだけある。」
と言い出します。それは「晴香の運命を変えること」。インターンで好成績を修めると、ワークスアプリケーションに入社出来る“入社パス”がもらえるため、それで晴香の運命を変えようと考えた牧野は、早速晴香に憑依することを提案します。しかし死神いわく、
「血液型の相性が最悪。」
とのことで、やむなく牧野は真希に憑依し、インターンの課題をクリアするためのアドバイスを送り続けようとするのでしたが・・・。

 

 自分に自信がなく、奥手だった主人公が、友人に背中を押されて参加したインターンを通して、飛躍的に成長していく姿が印象的です。また、ひょんなことから彼女の親友に憑依することになったCEOが、自身が実践してきたノウハウを思い出しながら、有名無実だった部活を形にするべく奮闘していく様子も、コミカルな中にも考えさせられるものがあります。

 

 内容的にはやや説教臭くて、特に観る人によっては耳が痛い話かも知れませんが(笑)、現実に実践出来る部分もありそうで、タメになります。

 

 ツッコミどころはありますが、クスッと笑えて考えさせられる、そんな面白い作品です。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※泉はるさん・・・本作では、かるた部の幽霊部員だった戸塚ルミ役。最近の映画では峯岸みなみさん主演で、久しぶりに再会した女子高時代の同級生達が殺人事件に巻き込まれる「女子高」で、かつて自殺してしまった女子生徒役で出演していらっしゃいます。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>

 

 

<「映画の通信簿2015」発売中!!>