デスノート Light up the NEW world | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

前作の知識は必須。命を懸けた三者三様の極限の心理戦!!
 
2016年10月29日公開
監督:佐藤信介
出演:東出昌大・池松壮亮・菅田将暉 他
 
【賛否両論チェック】
賛:ノートを駆使し、命懸けの壮絶な戦いに挑む3人の若者達それぞれの姿が、非常にスリリングに描かれていくのに、思わずハラハラさせられる。前作のオマージュシーンや、懐かしいエピソードが登場するのも印象的。
否:人間の命を軽んじる描写の数々には、当然ながら賛否は避けられない。前作の知識もあった方がイイ。
 
ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも
 
 
 名前を書かれた人間は死ぬ“デスノート”を巡る戦いを描いた続編です。主演は代わり、東出昌大さん・池松壮亮さん・菅田将暉さんの3人に。
 
 10年前、死神が人間の命を奪うために使う“デスノート”を手に入れた夜神月(ライト)(藤原竜也)によって、“粛清”という名の大量殺戮が行われました(前作)。結局月は死に、2冊あったデスノートは燃やされたため、事件は終息しましたが、世間では月の通り名である“キラ”を、今でも信奉する者が後を絶ちません。そして一方で死神の世界では、死神大王がキラの行動をいたく気に入り、死神達に
「キラの後継者を探せ!!」
と、大号令を発します。そして今、地上に新たな6冊のノートが、舞い降りようとしていました。
 
 始まりはロシアでした。デスノートを拾ったのは、1人の医師。彼はノートを本気にはしていませんでしたが、難病に苦しむ老人の患者に、
「死なせてほしい・・・」
と頼み込まれ、半信半疑でその名前をノートに書きます。すると患者はそのまま息を引き取り、医師はノートが本物であることに気がつくのでした。その後世界では、デスノートによると思われる不審死が頻発。日本でもデスノート対策室が中心となって捜査が進められ、ICPOも今は亡き名探偵・L(松山ケンイチ)の後継者を、日本へと派遣します。そんな中、渋谷で道行く人々が次々に心臓発作を起こして死に始めるという事件が起こります。デスノート対策室のエースで、生粋のデスノートオタクでもある捜査官・三島(東出昌大)も、現場で犯人の捜索を開始。犯人が顔を見ただけで本名が分かる“死神の目”を持っているため、顔を隠しながら奔走する捜査官達でしたが、やがて三島が1人の少女を視認します。彼女・青井さくら(川栄李奈)は、自らが所有するデスノートの死神・ペポ(声:松坂桃李)に、
「キラより面白いもの、見せてあげる。」
と豪語しており、今回の無差別大量虐殺を決行したのでした。大パニックになるスクランブル交差点の真ん中で、ノートを書き続けるさくらでしたが、そんな彼女を、ひょっとこのお面を被った影が拳銃で撃ち、さくらは絶命してしまうのでした。
 
 さくらを撃ったのは、Lの遺伝子によって生まれた後継者・竜崎(池松壮亮)でした。翌日、対策室の廊下で竜崎に遭遇した三島は、
「何故撃った!?」
と問いつめますが、実際に竜崎が撃ったのは麻酔銃。検死の結果、青井さくらの死因は心臓発作でした。実は事件当時のさくらの行動も、別のデスノートによって操られたもので、その犯人はかつてキラによって人生を救われ、今はキラを神と崇める青年・紫苑優輝(菅田将暉)でした。彼は死神・リューク(声:中村獅童)のノートを託され、キラの後継者となるべく、次なる行動を起こすのでしたが・・・。
 
 前作の知識は、やはりあった方が楽しめそうです。前2作のオマージュシーンも数多く登場しますので、是非チェックしてからの鑑賞をオススメします。
 
 理不尽に人間の命を奪う死神のノート。そのノートを巡って繰り広げられる、文字通り命を懸けた極限の心理戦は、本作でも健在です。“命を軽視”という批判は勿論あるかとは思いますが、ノートのルールを駆使し、相手の裏をかいていく戦いには、観ていて手に汗握ること請け合いです。
 
 そして今回は、三島・竜崎・紫苑と、ノートに関わる三者三様の人間ドラマがあるのも、興味深いポイントの1つです。ラストで明らかになる真相にも、またハラハラさせられます。
 
 前作よりは、ややこじんまりとしている感じなので、どうしても比べてしまいそうなところではありますが、是非1つのサスペンス映画としてご覧になってみて下さい。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※藤井美菜さん・・・本作では、デスノート対策室の紅一点・七瀬聖役。最近の映画では、他人を操れる男と唯一操れない男との戦いを描いた「MONSTERZ」での刑事役や、イマドキ女子達が正義のヒーローになる「女子ーズ」でのブルー役等が有名なところです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2015」発売中!!>