金メダル男 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これでもかという豪華なキャスト。取りつかれた男の数奇な人生。

 

2016年10月22日公開
監督:内村光良
出演:内村光良・知念侑李・木村多江 他

 

【賛否両論チェック】
賛:何事にも中途半端になってしまう男の半生が、おかしくも切なく描かれる。超豪華なキャストの登場の連続も圧巻。
否:笑えるシーンは意外と少なく、変にシリアスなので、単調で眠くなりそう。

 

ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・シーンによっては少しだけ怖いかも

 

 

 内村光良さん監督・脚本・主演作です。何事にも1等賞にこだわる男の半生を描きます。

 

 物語の主人公・秋田泉一は、1974年・長野県塩尻市に生まれました。幼い頃はいじめられっ子だった泉一 (コドモ:大西利空) でしたが、9歳の時に運動会の徒競走で1番になり、周りから喝采を浴びたことがきっかけで、何事にも“1番になること”に囚われるようになります。その後、魚掴み大会や火起こし競争等、ありとあらゆるもので1番になった泉一は、
「僕の将来の夢は、“1番になること”です!!」
と豪語し、担任の川原(大泉洋)を呆れさせます。そして中学に入る頃には、泉一(ヤング:知念侑李)には“神童”や“金メダル男”等、様々なあだ名が付いているのでした。

 

 ところが、そんな日々も長くは続きませんでした。引く手あまたの部活動の中で、泉一は水泳部に入部しますが、大会前の選考レースで、隣りのコースにいた美少女・黒木よう子(上白石萌歌)に見とれてしまった泉一は、まさかの失速で溺れてしまいます。次に入った剣道部でも、泉一は異性に見とれてしまい、結果を残せませんでした。その後も泉一は、あらゆる部活を転々としますが、1度狂ってしまった歯車が戻ることはありませんでした。

 

 葛藤の末、高校生になった泉一は、テレビで観たアイドル歌手・北条頼子(清野菜名)に感化され、とうとう自分で自由な部活「表現部」を立ち上げるのでした。始めは好奇の目で見られていた泉一でしたが、文化祭で「坂本龍馬 その生と死」を表現し、その評価は一変。部員も一気に増え、調子に乗った泉一は、後輩の横井みどり(土屋太鳳)に入れ込みますが、ついついキスをしてしまった翌日、みどりは突然転校してしまいます。そして唯一の居場所だった表現部も、3年生になっていた泉一は、後輩達から追い出しを食らってしまうのでした。その後、一念発起して上京した泉一は、またまたあれやこれやと手を出し、成功を目指すのでしたが・・・。

 

 「何事にも1等賞にこだわる=何にでも中途半端に手を出す」という負の連鎖に陥っていく主人公が、様々な人間達と出逢い別れながら、次第にその数奇すぎる人生を噛みしめていく様子が、クスッと笑えながらもどこか切なく映ります。

 

 ただ、笑えるシーンは思いのほか少なめで、なおかつ結構シュールなので、人によっては退屈に感じてしまうかも知れません。その辺りは、好みが極端に分かれそうなところです。

 

 そしてこの作品のもう1つの魅力が、何といってもその豪華すぎるキャスト。
「え!!これだけの役でこの人!?」
と何回も思ってしまうこと請け合いです(笑)。

 

 笑いたい時というよりは、人生の機微を実感したい時に、オススメの1本です。

 

 

【ワンチャン・ポイント】
※上白石萌歌さん・・・本作では、泉一の人生を狂わせることになる水泳部の美少女・黒木よう子役。「君の名は。」や「舞妓はレディ」で有名な上白石萌音さんの妹さんで、最近の映画ではボーカロイドの楽曲を実写映画化した「脳漿炸裂ガール」にも出演されています。

 

※清野菜名さん・・・本作では、泉一が心を奪われるアイドル歌手・北条頼子役。最近の映画では「TOKYO TRIBE」でのヒロイン役のほか、「東京無国籍少女」や「雨女」での主演、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」や「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」等にも出演していらっしゃいます。

 

※山崎紘菜さん・・・本作では、東京のぼったくりバーで泉一をたぶらかす女性・橋本めぐみ役。東宝シンデレラでお馴染みの方で、最近の映画では「悪の教典」や「神様の言うとおり」、「orange -オレンジ-」や「MARS ~ただ、君を愛してる~」等に出演されています。他にも「シネマ・トラベル 映画館でみる世界遺産の旅」のナレーションも担当されています。

 

※森川葵さん・・・本作では、泉一が入った劇団で恋に落ちる女性・篠宮亜紀役。最近の映画では、中条あやみさんと共演された「劇場版 零 ~ゼロ~」や、ディーン・フジオカさん主演の時代劇「NINJA THE MONSTER」、マルチアングルホラーの「ドロメ 女子篇」「ドロメ 男子篇」、神木隆之介さん主演の「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」等々、話題作に出演されています。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>D

 

 

<「映画の通信簿2015」発売中!!>