青空エール | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ありきたりだが心に響く。青春ドラマの王道を行く物語。


2016年8月20日公開
監督:三木孝浩
出演:土屋太鳳・竹内涼真 他


【賛否両論チェック】
賛:自身の夢や大切な人のために、一心不乱に部活に打ち込む主人公達の姿が、清々しくてステキ。忘れていた情熱を思い起こさせてくれる。
否:展開はかなりありきたりで、驚きはなし。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 吹奏楽と野球に打ち込む高校生達の恋模様を描いた作品です。主演は土屋太鳳さんと竹内涼真さん。


 野球と吹奏楽の名門高校である、北海道・札幌白翔(しらと)高等学校へ入学した1年生・小野つばさ(土屋太鳳)。内気で引っ込み思案な彼女は、クラスでの自己紹介も簡単に済ませてしまいますが、同じクラスには
「甲子園に行きます!!」
と豪語するムードメーカー・山田大介(竹内涼真)の姿もありました。その日の夕方、下駄箱に飾ってある吹奏楽部のトロフィーを眺めるつばさの横には、隣りに飾ってある野球部のトロフィーを眺めに、大介がやって来ます。つばさが吹奏楽部に憧れるようになった理由は、中学の頃に観た甲子園のテレビ中継で、白翔の吹奏楽部の応援に圧倒されたから。実は大介も同じ中継を観ており、彼もその試合を観て甲子園に行く決意をしたのでした。そのことで、すぐに意気投合した2人。大介はつばさに、
「俺絶対甲子園に行くから、その時スタンドで応援してくれないか?」
と提案。こうして2人は、一緒に甲子園へと行く約束をするのでした。


 とはいうものの、吹奏楽は完全に初心者のつばさ。意を決して吹奏楽部に顔を出したものの、顧問の杉村(上野樹里)には風船を渡され、
「それが膨らませられるようになってから、また来て。」
と、軽くあしらわれてしまいます。それでも大介との約束を果たすため、必死でトレーニングをしたつばさは、風船を膨らませることに成功し、なんとか吹奏楽部へと入部するのでした。ところが、名門である吹奏楽部の練習には当然ついていけず、同じトランペットの1年生・水島(葉山奨之)からは、
「そんなんだったら、辞めてくれない?」
と言われてしまう始末。一方の大介は、中学からの先輩・碓井(山田裕貴)の指導の下、キャッチャーとしてメキメキと頭角を現していくのでした。


 それでもつばさは大介に励まされながら、そして大介は頑張るつばさのトランペットの音色に元気をもらいながら、それぞれ奮闘を続けます。ところが迎えた地方大会の決勝戦。碓井の負傷でマスクを被っていた大介は、自らのパスボールと悪送球で、サヨナラの決勝点を献上してしまいます。スタンドで応援していたつばさは、ショックを隠しきれない大介をなんとか励まそうと、マナー違反の応援をしてしまい、謹慎処分になってしまうのでした・・・。


 甲子園を目指してひたむきに練習に打ち込む高校球児と、彼を応援するために一心不乱に吹奏楽に打ち込む主人公。そんな主人公を最初は敵視していた周りの仲間達も、その熱意に負けて、次第に1つになっていく。・・・という、設定も展開もまさに青春ドラマの王道を地で行くような物語ですが、それでも感動してしまうのは、観ている方が思わず照れ臭くなってしまうような、真っ直ぐな心に溢れているからです。


 ただ逆にいうと、お話としては結構ありきたりで、
「こうなるかな・・・」
と思った通りのベタベタな展開になっているのも、また事実。その辺りは好みが分かれそうなところです。


 とはいえ、気になるようなラブシーンもありませんので、是非デートでご覧になってみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※平祐奈さん・・・本作では野球部のマネージャー・あかね役。平愛梨さんの妹さんで、「貞子3D」や「だいじょうぶ3組」、「紙の月」や「ソロモンの偽証 前篇・事件」、「青鬼ver.2.0」等にご出演されています。


※山田裕貴さん・・・本作では、大介の先輩・碓井役。最近の映画では「ライヴ」での主演や、「HiGH & LOW THE MOVIE」での鬼邪高校のトップ・村山役が有名ですが、他にも「ストロボ・エッジ」や「オオカミ少女と黒王子」、「ふきげんな過去」や「闇金ウシジマくんPart3」等にも出演していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>