泣き虫ピエロの結婚式 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「All for you, it's my pleasure.」


2016年9月24日公開
監督:御法川修
出演:志田未来・竜星涼・新木優子 他


【賛否両論チェック】
賛:大切な人を笑顔にするため、お互いに独りで背負い込んでしまう2人の不器用な姿が、暖かい人間模様の中で描かれ、思わず泣かされる。“命”と向き合うことの尊さも教えてくれる。
否:展開は単純といえば単純で、淡々としている感は否めない。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 見習いピエロの女性と、人工透析患者の青年の恋模様を描いた、実話を基にした作品です。主演は志田未来さん。


 いつものように、暗い顔で町を歩いていた青年・秋山陽介(竜星涼)は、バス停の前の公園で、ジャグリングの練習をしている女性を見かけます。寄ってきた少年を、ピエロの鼻をつけて笑わせる彼女を見て、陽介も自然と笑顔になるのでした。


 その女性は、見習いピエロの芹澤佳奈美(志田未来)。ある日のこと、ショッピングモールでの興行を終えた佳奈美は、親友の真紀(新木優子)達に連れられ、バーベキューへと出かけます。なんでも真紀の前のバイト先の知人に、行事等の仕切り屋がいるらしく、今回のバーベキューもその仕切り屋が企画したものだとのこと。その偉そうな仕切り屋こそが、他ならぬ陽介だったのでした。かくして佳奈美の陽介に対する第一印象は、
「感じワル・・・」
という最悪なものでした。そんな陽介は佳奈美に、“プロのジャグリング”をリクエスト。渋々その腕前を披露する佳奈美でしたが、勢い余って後ろのコンロをひっくり返してしまいます。帰り際になっても、まだその失敗を引きずっている佳奈美を、陽介はおんぶしてくれるのでした。


 その後、練習にも付き合ってくれるようになった陽介に、佳奈美は次第に惹かれるようになっていきますが、陽介とはすぐに連絡がとれなくなってしまいます。心配する佳奈美に対し、事情を知る真紀は複雑な表情を隠せません。実は陽介は、腎臓に重い障害を抱えており、週3日の人工透析が欠かせず、そのため敢えて他人を遠ざけて、独りぼっちで生きてきたのでした。それでも真紀の計らいで、泥酔した佳奈美の介抱を任された陽介は、思いきって病気のことを打ち明けます。すると佳奈美は、遠い病院まで通う陽介のために車の免許を取り、なんとか彼の力になろうとします。そんな佳奈美に、陽介も次第に心を開いていくのでしたが・・・。


 病に苦しむ大切な人を笑顔にしようと、常に笑って頑張り続ける佳奈美と、そんな彼女の想いを痛いほど感じ、彼女を大切に思うが故に、遠ざけようとしてしまう陽介。とかく不器用な愛を紡ぐ2人の葛藤に、思わずウルッと来てしまいます。


 自分の命が自分だけのものだけではなくなった時、そして大切な人の最期が迫った時、どんな気持ちで、どんな想いでその運命と向き合っていけばいいのか。非常に重いテーマではありますが、とても温かくステキな人間ドラマで、その道標を示してくれるようです。


 デートでは勿論、家族や大切な人と是非観ていただきたい、そんな作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※高橋洋さん・・・本作では、陽介の主治医役。最近の映画では、佐藤二朗さん主演の「豆シバ一郎」シリーズでの主人公の親友役や、ワクチンを巡る陰謀を描いた「風邪(ふうじゃ)」での研究員役、他にも「小川町セレナーデ」や「岸辺の旅」等にも出演していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A



<「映画の通信簿2015」発売中!!>