ラスト・ウィッチ・ハンター | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

地味にカッコイイ。B級感MAXのアクションムービー!!


2016年9月30日公開
監督:ブレック・アイズナー
出演:ヴィン・ディーゼル
イライジャ・ウッド
マイケル・ケイン 他


【賛否両論チェック】
賛:迫り来る人類の危機に対し、孤高な戦いを続ける主人公が、切なくも痛快。深く考えずに楽しみたい作品。
否:ツッコミどころは多く、描写やスケール等B級感がかなり出ているのは否めない。グロシーンや驚かせるシーンも多い。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・かなりあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが結構あり



 不死の呪いをかけられ、800年に渡って魔女ハンターを続けてきた主人公を描きます。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼル。


 物語の始まりは、中世でした。ドーラン神父に率いられた魔女ハンターの一団が、雪山の奥深くへと進んでいました。彼らの狙いは、山奥に巣食っていた“魔女の女王”を討つこと。女王が放った黒死病によって、人々は大切な家族を失い、その復讐心に突き動かされていました。やがて女王の根城へと辿り着き、踏み込んだ一団。疫病バエや手下を使い、暗がりから襲ってくる女王に、1人また1人と殺されてしまいますが、その中の優秀なハンター・コールダー(ヴィン・ディーゼル)が、果敢にも女王との一騎打ちとなります。女王の黒魔術の前に窮地に陥りながらも、なんとかその体を剣で貫いたコールダーでしたが、女王は最後の力を振り絞ってコールダーの心臓をつかむと、
「お前は妻と子供を殺され、死を渇望している。お前には不死の呪いをかけてやる。」
と言い残し、生き絶えるのでした。


 それから時代は流れ、800年後の現代。ドーラン神父の意志はその名前と共に受け継がれ、36代目のドーラン(マイケル・ケイン)は、魔女と対立し続けてきた“斧と十字架団”の中枢を担っていました。一方で、教団と魔女達との間では協定が成立し、魔女達は“人間の前で魔術を使わないこと”を条件に、人間界に溶け込んで生活をしているのでした。そして現代においても、決して死ぬことなく、時代に適合していたコールダー。最強のハンターとして、斧と十字架団の“武器”となっていた彼の姿は、とある旅客機の中にありました。機は突然の乱気流に巻き込まれていましたが、コールダーはその嵐が魔術道具によるものだと察し、機内を捜索し始めます。やがて見つけたのは、まだ若い魔女の少女が、天候を操る道具を、よく分からないままにカバンの中に放り込んでいたところでした。なんとか道具を壊し、天候を回復させたコールダーは、
「私を魔女裁判にかけるの?それとも殺すの?」
と怯える少女に、そっと微笑んで見逃すのでした。


 その後、いつものようにCAを“お持ち帰り”したコールダー。そんな彼の下を、ドーランが訪れます。歴代のドーランは、孤独な戦いを続けるコールダーのよき相談相手となり、導いてきたのでした。折しもこの日、36代目ドーランは引退を決めており、コールダーと思い出話に花を咲かせます。その夜、次の37代目ドーラン(イライジャ・ウッド)が、36代目ドーランの下で、新たにコールダーを支えていく決意をするのでした。そんなドーラン達の様子を、家の影から見つめる不気味な人影がありました。そして翌朝、36代目ドーランは急逝。不審に思ったコールダーは、37代目ドーランと共に自宅を捜索しますが、怪しいところは見当たりません。しかしそこは百戦錬磨のハンター。床に落ちた3匹のハエから、部屋全体が黒魔術で偽装されていることを見破ります。術が破れると、そこには派手に荒らされた部屋が出現。コールダーは、犯人が何かを探しており、36代目ドーランを拷問し、術によって死の呪いをかけたことを突きとめるのでしたが・・・。


 遥か昔に愛する家族を失った上に、“死なない”という呪いに苛まれながらも、孤高に戦い続ける主人公の姿に、どこか切なさを感じます。それでも、信頼出来る仲間と共に、高まる脅威に挑むところが、また痛快でもあります。窮地でも顔色1つ変えずに立ち向かっていくヴィン・ディーゼルが、メチャメチャカッコイイです(笑)。


 そして良くも悪くも、B級感が満載です。ツッコミどころが多々ある設定に始まり、スケールは大きいのに演者さんがあまり出てこなかったり、展開がかなり急だったりと、好き嫌いは分かれそうな印象がすごくします。


 あまり深くは考えずに、単純に楽しみたい時にオススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※イライジャ・ウッド・・・本作では、37代目の新米ドーラン役。言わずと知れた「ロード・オブ・ザ・リング」での主演の方ですが、他にも最近では「マニアック」や「スティーラーズ」での狂気じみた役や、「グランドピアノ 狙われた黒鍵」での天才ピアニスト役、「ブラック・ハッカー」での冴えない青年役や、「ゾンビスクール!」での教師役等で出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>