超高速!参勤交代 リターンズ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

前作ファンには物足りなさも?予備知識必須の超高速時代劇!!

2016年9月10日公開
監督:本木克英
出演:佐々木蔵之介・深田恭子・伊原剛志 他

【賛否両論チェック】
賛:復讐に燃える敵の策略に悩まされながらも、民を守るために大立ち回りを演じる主人公達の活躍が、時にシリアスに、時にコミカルに描かれていく。スケールアップした殺陣も必見。
否:前作の知識はあった方がイイ。前作のような、機転を利かせて参勤交代を成し遂げる痛快さが控えめなのも、やや拍子抜けか。

ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・殺害シーン等多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンは少し怖いかも


 弱小貧乏藩が、お上のムチャぶりを知恵と工夫で乗り越えた痛快時代劇が、帰ってきました。今回は帰路で再び窮地に立たされます。

 前作で無事に江戸へとたどり着いたいわき・湯長谷藩の一行。1ヶ月後、彼らの姿は道中の牛久にありました。彼らの目的は、帰りの路銀と君主・内藤政醇(佐々木蔵之介)の祝言費用を集めること。荒木源八郎(寺脇康文)は道場破りを金で解決してもらい、今村清右衛門(六角精児)は料理、鈴木吉之丞(知念侑李)は弓の射撃で、そして増田弘忠(柄本時生)と猿・菊千代は猿回しでといった具合に、それぞれの得意分野で金を稼いだ一向。その金である夜、政醇と元遊女のお咲(深田恭子)の祝言が開かれるのでした。ささやかながらも楽しい宴の席となりますが、そこへ突然、藩士の瀬川安右衛門(近藤公園)が駆け込んできます。彼の口から出たのは、政醇を皆が慕う平和なはずの湯長谷藩で一揆が起きたという、信じられないような報告でした。

 事件の黒幕は、前作で政醇達にやり込められ、蟄居処分となっていた老中・松平信祝(陣内孝則)でした。折しも、徳川吉宗(市川猿之助)が日光へ社参することとなり、恩赦が与えられた信祝は、すぐさま政醇を始めとする自分の政敵への復讐に動き出します。陽の目を見たがっていた影の暗殺集団・尾張柳生家と手を組んだ信祝。まずは復讐の第一段階として、湯長谷で一揆を起こさせたのでした。

 そうとは知らない政醇一行。しかも聞くところによると、既に目付が視察に向かったとのこと。目付よりも先に湯長谷へと戻り、事態を収拾しなければ、藩のお取り潰しは免れません。おまけに計算上は、行きの倍の速さで帰らなければ、目付到着には間に合わないとあって、一行は慌てます。知恵者の家老・相馬兼嗣(西村雅彦)がなんとか知恵を絞り、不眠不休で走り通すことにした政醇達でしたが、その行く手にはまたもや幾多の困難が待ち構えているのでした・・・。

 前作でようやく困難を乗り越えたと思ったら、またもや数々の無理難題が降りかかってきます。今回もそれを藩士一丸となって乗り越えていく訳なんですが、前作のように
「どう頑張っても無理な参勤交代を、知恵と工夫で間に合わせる!!」
というよりは、
「奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか!?」
というストーリーなので、正直なところ前作のような痛快さはそこまで・・・といった印象です。

 その代わり、今回はスケールが格段にアップ。大切な人々を守るため、柳生家の忍び達を相手に、大岡忠相や徳川吉宗までをも巻き込んで、お馴染みの個性豊かな湯長谷藩の面々が大立ち回りを繰り広げます。殺陣のシーンもかなり多いので、緊迫の殺陣が随所に観られます。

 前作の知識は不可欠ですので、是非復習なさってからの鑑賞をオススメします。


【ワンチャン・ポイント】
※伊原剛志さん・・・本作では、政醇達を助ける忍び・雲隠段蔵役。最近の映画では、「あぶない刑事リターンズ」でのテロリスト役や「なくもんか」での父親役、「愛と誠」「ラスト・ナイツ」での敵役や、「ストレイヤーズ・クロニクル」での研究者役等が有名なところ。他にも「硫黄島からの手紙」「十三人の刺客」「BRAVE HEARTS 海猿」「相棒Ⅲ」等々、そうそうたる作品に出演していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>