ONE PIECE FILM GOLD | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予備知識は不可欠。大切なものを守るための、ド派手な戦い。


2016年7月23日公開
監督:宮元宏彰
出演(声):田中真弓・中井和哉・山路和弘 他


【賛否両論チェック】
賛:金が全ての国で、大切な仲間を守ろうと奮闘するルフィ達の姿が、ド派手な戦いの中で痛快に描かれていく。ラストのどんでん返しも痛快。
否:予備知識がないと、よく分からないこと必至。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン等あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンは少し怖いかも



 あの超人気コミックの映画化・最新作です。今回は海に浮かぶ巨大なエンタテイメントシティを舞台に、ルフィ達が大立ち回りを繰り広げます。


 航海を続ける麦わらの一味は、海に浮かぶ巨大な独立国家「グラン・テゾーロ」へとやって来ます。その正体は、全長10キロもある巨大な船。全てが黄金で作られたその豪華絢爛な国へと乗り入れたルフィ(声:田中真弓)達の頭上からは、歓迎の金粉が降り注いでいるのでした。ところが、グラン・テゾーロの港へと到着したルフィ達の船を、突如ロングロング海賊団の船が襲ってきます。なんでも彼らは、グラン・テゾーロのカジノで有り金をはたいていまい、金がいるとのこと。そんな彼らを一蹴したルフィ達は、早速この独立国家へと足を踏み入れるのでした。


 麦わらの一味到着の一報は、すぐに船主で国王のギルド・テゾーロ(声:山路和弘)に伝えられ、テゾーロはほくそ笑みます。その後ルフィ達の下には、国の幹部でもあるバカラ(声:菜々緒)がやって来ると、彼らをカジノへと案内するのでした。元手を用意されたルフィ達は、早速カジノでギャンブルに夢中になります。するとどういうわけが、全員ツキにツキまくり、たちまちルフィの下には大金が転がり込んできます。するとバカラは彼らを、VIPだけが入れる特別ルームへと案内するのでした。


 “ヌケヌケの実”の能力者で、無機物を何でもすり抜けてしまうセキュリティ担当のタナカさん(声:濱田岳)に通されたその部屋で行われていたのは、巨漢のダイス(声:ケンドーコバヤシ)が大きなサイを振る丁半バクチ。そこでも勝ち続けるルフィの前に、テゾーロが姿を現すと、ルフィに勝負を持ちかけます。早速全資金を賭け、勝負に出るルフィでしたが、その肩にバカラがそっと触れた次の瞬間、勝負はあっけなく負けてしまうのでした。実はバカラは、触った者の運気を吸いとる“ラキラキの実”の能力者。罠にハメられたと気づく一向でしたが、時既に遅し。彼らは多額の借金を背負わされてしまうのでした。


 やむなく今度は力ずくで戦いを挑もうとするゾロ(声:中井和哉)でしたが、何故かその体は黄金に固められてしまいます。実はこれこそがテゾーロの真の能力。彼は1度触れた金を自在に操ることが出来る“ゴルゴルの実”の能力者であるため、ルフィ達のように金粉を浴びた国民全てを意のままに固めることが出来るのでした。かくしてゾロは、借金をその懸賞金で返済するべく捕らえられてしまい、ルフィ達は処刑の時刻までに金を集めようと、奔走するのでしたが・・・。


 当然ではありますが、予備知識は必要不可欠です。


 今回は金に支配されたカジノシティを舞台に、捕らわれた仲間を救うべく、ルフィ達が大勝負を仕掛けます。ラストのどんでん返しは、まさに痛快そのもの、必見です。


 基本的にはファン向けの作品ですが、1つの娯楽作品としても楽しめますので、少しでも知っている方は是非。



【ピックアップ・ムービー】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>