バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ツッコミどころは多々あれど、クスッと笑える異色青春ドラマ!!


2016年9月3日公開
監督:根本和政
出演:ジェシー・松村北斗・田中樹・竹富聖花 他


【賛否両論チェック】
賛:超特殊な能力を持つ主人公が、仲間達と共に困難に立ち向かっていく様が、コミカルかつ痛快。何も考えずに笑って楽しめる。グロシーンなんかがないのも嬉しいか。
否:ツッコミどころが多すぎて、現実感はまるでなし。笑いも結構シュールなので、好き嫌いは分かれそう。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・基本的にはなし



 彼が平和に暮らすことで、世界の平和が保たれるという、特殊な能力を持つ高校生を描いた、青春コメディです。


 主人公は、栃木県に住む普通の高校生・太田和毅(ジェシー)。全国模試1位の天才・林秀太(松村北斗)と、スポーツ万能な超人・松永英男(田中樹)を親友に持つ太田は、海のない栃木県の国守高校にも関わらず「サーフィン部」に所属していました。そんな極めて平凡な彼でしたが、実は本人も知らない大きな能力を秘めているのでした。


 時を同じくして、国守高校へと召集された陸上自衛隊の三等陸佐・村井幹男(姜暢雄)。実はこの学校の教員の中には、密かに日本政府から送り込まれた者が多くおり、校長の北村将生(船越英一郎)もその1人でした。そこで村井は北村から、太田の持つ不思議な能力について説明されるのでした。それによると、実は世界は太田が平穏に生活することで保たれており、彼の身に危険なことが起きれば、それだけで世界が壊滅する危険性をもはらんでいるとのこと。そのため太田が安全に暮らせるよう、彼らは影から太田の生活を監視しているのでした。半信半疑な村井に対し、研究者の飯塚立子(北川弘美)は、
「先のリーマンショックも、幼い頃の太田のケーキを、友人が食べてしまったことから起きた。」
という衝撃の事実を告げます。かくして村井もまた、太田の毎日を守るために、監視を始めるのでした。


 一方、そんなこととは知らない太田は、林・松永と、カレー好きな太っちょ・坂東幸治(前田航基)や、イケメンもどきの城島拓人(小西成弥)らサーフィン部の面々と共に、練習にいそしんでいました。しかし、そんな世界を滅ぼす力をも持つ太田を、他国やテロリストが放っておくはずもなく、国守高校には不気味な影が忍びより始めます。英語教師として赴任してきた美女、ジェニファー・ジョリー(高橋ユウ)は不穏な動きを見せる一方、太田は謎めいた美少女・三井清美(竹富聖花)と出逢い、一目惚れをしてしまいます。すると数日後、なんと三井は太田達のクラスへと転校してくるのでした・・・。


 青春モノともコメディモノともSFモノとも括りきれない、なんとも不思議な世界観の作品です(笑)。「彼の平穏=世界の平和」という非常に突飛な能力を持つ普通の高校生が、突然恋に落ちたことをきっかけに、仲間達との絆を確固たるものにし、共に世界の危機へと立ち向かっていく様子が、とてもコミカルに描かれていきます。


 設定自体はかなりムチャクチャで、ツッコミ出すとキリがありませんが、それもまたシュールかつユーモア満点なところ。真実を知った主人公達が、果たしてどうやって世界を救うのか、ハラハラしつつもクスッと笑ってしまうラストにも要注目です。


 基本的にはファン向けの作品かと思いますが、気になった方は是非。



【ワンチャン・ポイント】
※高橋ユウさん・・・本作では、謎めいた新任英語教師・ジェニファー役。知る人ぞ知る、あの高橋メアリージュンさんの妹さんで、最近の映画では4DX専用のホラー映画「雨女」にも、人気モデル役で出演していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>