怒り | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

切なすぎる。不気味さの中で紡がれる、それぞれの人間模様の結末。

2016年9月17日公開
監督:李相日
出演:渡辺謙・妻夫木聡・広瀬すず 他

【賛否両論チェック】
賛:3つの場所を舞台に、殺人犯かも知れない男達が、周りの人々の心の支えになっていく様が印象的。犯人が分からないサスペンス要素に加え、深い人間ドラマとしても観られる。
否:真相は意外とあっけない感がある。殺害シーンや女性に乱暴するシーン等もあるので、苦手な人には向かない。

ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・殺害シーン等かなりあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも


 李相日監督最新作。凶悪な殺人事件から1年後、東京・千葉・沖縄に、前歴不詳の3人の男が現れます。渡辺謙さんを始め、出演は非常に豪華な方々です。

 始まりは、八王子で起きた夫婦惨殺事件でした。現場検証をしていた八王子署の南條(ピエール瀧)と北見(三浦貴大)は、まるで蒸し風呂のような室内の暑さと犯行の異常さに、閉口していました。絞殺された妻の遺体は浴槽に投げ込まれ、刺殺された夫の遺体は、廊下から浴室まで引きずられていました。そしてどうやら犯人は、その後シャワーを浴びて腹ごしらえをし、髪の毛も切っていったようなのでした。するとその時、検証を進めていた北見は何かを発見し、慌てて南條を呼びます。北見が見つけたものは、廊下の扉の内側に、被害者の血で書かれた「怒」の文字。容疑者はすぐに特定され、山神一也という男が全国に指名手配されるのでした。

 それから月日は流れ、1年後。千葉の漁協で働く槙洋平(渡辺謙)の姿は、歌舞伎町の風俗街にありました。彼の目的は、3ヶ月前に失踪した一人娘・愛子(宮崎あおい)を見つけること。やがて槙は、風俗店で抜け殻のようになっていた愛子を発見。無事に連れて帰ることにするのでした。そんな愛子を、車で迎えに来た従姉妹の明日香(池脇千鶴)は叱りつけますが、どこか変わったところがある愛子は、全く意に介しません。そんな明日香の車が、雨の中自転車で走っている1人の青年と出逢います。彼は1ヶ月ほど前にふらっと現れ、槙の下で働き始めた田代哲也(松山ケンイチ)。寡黙に働き、どこか不気味な雰囲気のある田代でしたが、そんな彼に愛子は次第に心惹かれていくのでした。

 一方同じ頃、新宿のとある邸宅で開かれていた、同性愛者によるパーティー。なんとなくノリきれなかった会社員の藤田優馬(妻夫木聡)は、仲間と別れて同性愛者の風俗店に向かいます。そこで彼は、無口な青年・大西直人(綾野剛)と出逢います。過去については、
「言いたくない。」
と口をつぐむ直人でしたが、すぐに打ち解けた2人。優馬は直人を自分の家に招くことにします。その後も2人は順調に愛を育み、やがて直人は優馬がいない間の留守番や家事もこなすようになっていくのでした。

 そしてもう1ヶ所・沖縄の離島。母親と引っ越してきたばかりの少女・小宮山泉(広瀬すず)。彼女は同級生の辰哉(佐久本宝)のボートに乗せてもらい、息抜きに近くの無人島・星島を訪れていました。浜辺で寝るという辰哉と別れ、島を探検していた泉は、廃屋で生活している旅人・田中信吾(森山未來)と出逢います。すぐに悠々自適な田中の生き方に憧れを抱くようになった泉は、その後も頻繁に島を訪れ、田中と親睦を深めていくのでした。

 そんな折、テレビでは未解決事件の特集番組で、八王子の殺人事件が取り上げられ、指名手配中の山神一也の写真が公開されます。その特徴は、田代や直人、田中とどこか共通するものがあり、彼らの周りの人々は、次第に疑惑を募らせていくようになるのでしたが・・・。

 3人の怪しい男達のうちで、果たして誰が真犯人なのか。それぞれにどこか陰のある容疑者達を、松山ケンイチさん・綾野剛さん・森山未來さんが好演していらっしゃいます。全く読めない真実に、物語の背後に横たわる不気味さも相まって、ハラハラさせられる良質なサスペンスです。

 同時に、登場人物達それぞれが抱える深刻な事情にスポットが当てられ、その悩みに容疑者である男達がそっと寄り添う様子も、また物語を切ないものにしています。
「自分の大切な人を信じたい・・・」
という気持ちに、真相の光が当てられた時、三者三様の物語の結末に、思わず深く考えさせられてしまいます。

 思わず目を背けたくなるようなシーンもあり、勿論軽い気持ちで観られる作品ではありませんが、サスペンスとしても人間ドラマとしても重厚な1本ですので、是非ご覧になってみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※脇を固める豪華俳優陣・・・本作では3つの地域を舞台に、千葉では渡辺謙さん・宮崎あおいさんと松山ケンイチさん、東京では妻夫木聡さんと綾野剛さん、沖縄では広瀬すずさんと森山未來さんと、見渡す限りの豪華な出演者の方々が並びますが、他の方々もかなり豪華。宮崎あおいさんの従姉妹役には池脇千鶴さん、妻夫木聡さんの母親役には原日出子さんと、物語のキーマンとなる女性には高畑充希さん、そして事件を追う刑事役にはピエール瀧さん・三浦貴大さんと、そうそうたる面々です。



オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>