傷物語Ⅱ 熱血篇 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

基本はファン向け。不思議でクセのあるヴァンパイア・ストーリー。

2016年8月19日公開
監督:新房昭之・尾石達也
出演(声):神谷浩史・坂本真綾・堀江由衣 他

【賛否両論チェック】
賛:ヴァンパイアとなった少年が、強敵との戦いを経てカッコよく成長していく様子が、コミカルかつシリアスに描かれていく。
否:前作の知識は必須。お色気シーンやグロシーンもメッチャ多いので、デート等には全く向かない。

ラブシーン・・・お色気シーンがメッチャあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも


 ヴァンパイアもどきとなった高校生を描いた3部作、その第2章です。

 前作で、両手足を奪われたヴァンパイア、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(声:坂本真綾)を助け、自らもヴァンパイアもどきとなってしまった高校生・荒々木暦(声:神谷浩史)。人間に戻してもらう代わりに、3人のヴァンパイアハンターと戦い、キスショットの両手足を取り戻すことになった荒々木は、必死に合気道と(何故か)野球の本を読みあさっていました。そんな彼の前に、同級生の羽川翼(声:堀江由衣)が現れますが、彼女を巻き込みたくない荒々木は、羽川をわざと邪険に扱い、遠ざけようとします。傷つき、走り去ってしまう羽川の背中を見ながら、荒々木は最初の敵・ドラマツルギー(声:江原正士)との決闘に挑むのでした。

 自身もヴァンパイアでありながら、ヴァンパイアを狩ることに躍起になるドラマツルギーは、一瞬で荒々木の左腕を斬り落としてしまいます。必死に逃げ惑う荒々木でしたが、そんな彼はふと、左肩の傷口から新しい腕が生え始めていることに気がつき、反撃に打って出ます。ドラマツルギーも両腕を刃物に変えて応戦しますが、最後は鉄球を投げ続けた荒々木が勝り、ドラマツルギーは降参。しかし荒々木はその現場を、あろうことか羽川に見られてしまうのでした。

 事ここに至って、とうとう羽川に真実を打ち明けた荒々木。一方、交渉人・忍野メメ(声:櫻井孝宏)の仲介で、キスショットの下には奪われた片足が戻ってきます。その後も荒々木は、羽川と逢瀬を重ねながら、強敵のハンター・エピソード(声:入野自由)とギロチンカッター(声:大塚芳忠)との戦いに挑むことになるのでしたが・・・。

 前作の復習は全くしてくれないので、第1章の知識は必要不可欠です。突然ヴァンパイアもどきになってしまった主人公が、人間に戻るために強敵と対峙しながら成長していく様が、時にコミカルに、時に非常にシリアスに描かれていきます。

 難点をいえば、良くも悪くもまるで中学生のようなお色気シーンが、唐突にそれもかなりの頻度で入ってくることでしょうか。また、腕がちぎれたり内臓が飛び出したりと、グロいシーンもかなり多いので、苦手な人には向きません。

 基本的には、原作やシリーズのファンの方向けの作品といえそうです。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>