鷹の爪8 吉田くんのX(バッテン)ファイル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

もはや独自の世界観。シュールでニヤける異色のアニメ。


2016年8月20日公開
監督:FROGMAN
出演(声):FROGMAN・森川葵 他


【賛否両論チェック】
賛:独自のシュールな世界観の中で、何も考えずに笑って楽しめる。意外と豪華な声優陣も魅力。
否:設定自体有って無いようなもので、ストーリーもメチャメチャシュールなので、好き嫌いはハッキリ分かれる。人によっては全く笑えないかも。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・メリーさんのシーンは少し怖いかも



 あのFLASHアニメ「鷹の爪」が帰ってきました。今回は島根で、吉田くんの過去の大事件が描かれます。


 秘密結社“鷹の爪団”の吉田くん(声:FROGMAN)は、部屋の片付けが全然進まず、総統(声:FROGMAN)は今日も渋い顔。そんな吉田くんは、部屋の片隅から「出会いのビデオ」というビデオテープを発見、その思い出を語り出すのでした。


 舞台は彼の生まれ故郷である島根。まだ小学生だった吉田くんは、同級生の里美(声:森川葵)や和夫、何故か格闘着のケンケン、天才発明少年のつっちー(声:内田彩)、そしてカッパのキュウ助(声:犬山イヌコ)と共に、電話の主が近づいてくるという都市伝説“メリーさん(声:箕輪はるか)”から、隙を見て携帯電話をゲットすることに成功するのでした。


 一方こちらは、2055年の未来。世界では人々の行動がノロくなるという事件が多発しており、世界連邦捜査局は頭を痛めていました。その原因は、見るとノロくなってしまうという「呪い(ノロい)のビデオ」。これが地球征服を目論む“奴ら”による人類への攻撃だと察した長官(声:岩田光央)は、優秀な捜査官であるナスカリー(声:松本梨香)に調査を指示。呪いのビデオは、かつて“吉田”という少年が持っていたことまで分かっていたため、ナスカリーは過去へとタイムスリップしてビデオを破壊するべく、島根に1番訓しいダメ捜査官のモレルダー(声:杉田智和)を連れ、一路島根へと旅立つのでした。


 時は戻り、吉田くんの幼少期。引っ越してしまう里美のため、見ると楽しくなる「祝いのビデオ」を買いに、魔法使いが営む超怪しげなビデオ店を訪れる吉田くん達。そんな吉田くんの下へモレルダーとナスカリーが訪れ、吉田くんは2人を実家へと招きます。一方その頃、例のビデオ店には「呪いのビデオ」を探しに、UMAのチュパカブラ(声:金田朋子)を連れた怪しげな帽子の男・グレイ(声:戸塚純貴)が現れるのでしたが・・・。


 もはやお馴染みとなった異色のFLASHアニメです(笑)。今回もそのシュールなイラストとブッ飛んだSFストーリーで、幼き日の“吉田くん”がいかにして世界の危機を救ったのか(in島根)が、メチャメチャシュールに描かれています。


 その独自の世界観が好きな人にはたまらないと思いますが、人によっては全然笑えず、
「何これ・・・?」
となることは間違いありません(笑)。そんなこんなも含めて、このアニメの特色といえるかと。


 全く深く考えずに、とにかく笑って楽しみたい時にはオススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※森川葵さん・・・本作では、ヒロインの里美の声でご出演。最近の映画では、ホラー映画の「劇場版 零 ~ゼロ~」や、ディーン・フジオカさん主演の時代劇「NINJA THE MONSTER」、マルチアングルホラーの「ドロメ 女子篇」「ドロメ 男子篇」、神木隆之介さん主演の「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」等々、話題作に出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>B



<「映画の通信簿2015」発売中!!>