シン・ゴジラ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

まるでドキュメント。政治や経済をも巻き込む、大人向けゴジラ!!


2016年7月29日公開
監督:庵野秀明・樋口真嗣・尾上克郎
出演:長谷川博己・竹野内豊・石原さとみ 他


【賛否両論チェック】
賛:ゴジラの蹂躙から人々を守るべく、身を粉にして戦いを続ける主人公達の姿が感動を呼ぶ。核や災害への警鐘的意味合いも含まれていたり、政治や経済への影響も描かれており、大人向けのゴジラ映画であるのが興味深い。ド迫力のCGで描かれる世界観も、純粋に圧倒され楽しめる。
否:言ってしまえば怪獣映画なので、そもそもの好き嫌いが大きく分かれそう。ドキュメントのように淡々と進む描写も賛否必至のほか、難しい化学理論や専門用語も多く、何を言っているのか分からない部分も多い。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・少しだけあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 あのゴジラの最新作です。日本に現れたゴジラを倒すべく、世界規模の戦いの幕が上がります。


 始まりは東京湾で、巡視艇が一艘の漂流挺を発見したことでした。その直後、同じ場所で激しい水蒸気爆発が起こります。そしてほぼ同時刻、近くのアクアラインのトンネルでも天井が崩落し、謎の液体が大量に流入してくるのでした。


 事件はすぐに政府に伝えられ、内閣官房副長官の矢口蘭堂(長谷川博己)は対応に追われます。閣僚会議では、関係各所の大方の見解は、
「新しい海底火山か、水蒸気の大規模噴出孔だろう。」
ということでまとまりかけますが、事前にインターネット上の一般市民の投稿動画を見ていた矢口は、
「海底に何者かがいる。巨大な生物と推定される。」
と発言します。彼の意見は一蹴されますが、そこへすぐにニュース速報が飛び込んできます。そこには、海面から伸びる巨大な尻尾がハッキリと映し出されていました。そしてその生物は、河口へと移動を開始するのでした。


 ところがこの未曾有の事態に、政府の対応は後手に回る一方。
「水棲生物が陸に上がっても、動けなくなって死ぬ。」
という専門家の見解を受け、総理大臣(大杉漣)は国民に安心するよう呼びかけますが、そんな彼らを嘲笑うかのように、大田区の呑川を遡った巨大生物は、遂に地上へと姿を現し、蒲田周辺を蹂躙、品川へと迫ります。総理の指示の下、自衛隊の戦闘ヘリが攻撃態勢に入りますが、近くの市民の避難が完了していないことが報告され、総理は寸前で攻撃中止を命令。結局政府はなす術のないまま、巨大生物は再び海中へと姿を消すのでした・・・。


 ゴジラの出現という突然の事態に、後手後手に回る政府の中にあって、国を守るために孤軍奮闘を続ける矢口の姿が、非常に頼もしく映ります。そしてそんな矢口に感化されるように、皆が一丸となってゴジラに対抗しようと、それぞれが自分に出来る全てを注ぎ込む様子も、感動を誘います。核兵器や自然災害に対する、訓戒や警告的な意味合いが含まれているのも、印象に残るところです。


 また本作では、その豪華すぎるキャストも魅力の1つ。避難民の中に前田敦子さんがいたり、消防隊長が小出恵介さんだったり、戦車部隊に斎藤工さんがいたりと、挙げればキリがないくらいメチャメチャスゴいキャストで構成されていますので、
「あれ、今のは・・・あの人!?」
みたいに、色々と探してみるのも楽しいかと思います。


 ただ一方で見方を変えると、“大人達が会議室であれこれやっているシーン”がやたらと多かったり、そもそも“怪物相手にCG満載でドンパチやる映画”であることもまた事実。苦手な人にとっては、ただただ苦痛な作品かも知れません(笑)。難しい用語や化学理論も結構出てくるので、その辺りもよく分からなかったりします。


 とはいうものの、やはりゴジラを1度でも観たことのある皆さんにとっては、自然と血が騒いでしまう作品でもあります。大迫力で描かれる怪獣映画の真骨頂を、是非劇場でご覧下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※ゴジラの動き・・・今回の主役ともいえる“ゴジラ”ですが、モーションキャプチャーを担当されているのは、なんとあの野村萬斎さんとのこと。その独特の動きにも要注目です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>