HiGH & LOW THE MOVIE | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

記憶に残る圧巻の大乱闘。守るために戦う、熱い男達の死闘の果て。

2016年7月16日公開
監督:久保茂昭
出演:AKIRA・青柳翔・岩田剛典・鈴木伸之 他

【賛否両論チェック】
賛:愛する者や仲間の居場所を守るため、無謀な戦いに身を投じていく若者達の姿が、感動的かつ痛快。ラスト1時間の大乱闘や、豪華すぎるキャストも必見。
否:ツッコミどころは満載で、荒唐無稽感は半端ない。予備知識もあった方がイイ。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・暴力シーン等メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも


 「EXILE TRIBE」メンバー出演で話題のドラマの、映画版です。

 物語の舞台は、荒廃した都市。かつてこの町には、琥珀(AKIRA)をトップとする「MUGEN」というグループが君臨していました。そんなMUGENに唯一対抗していたのが、雨宮雅貴(TAKAHIRO)・雨宮広斗(登坂広臣)という“雨宮兄弟”でした。それでも最強を誇っていたMUGENでしたが、琥珀の無二の親友であった龍也(井浦新)が、何者かによって琥珀の目の前で轢き殺されてしまい、ナンバー2であった九十九(青柳翔)も意識不明の重体となってしまいます。その事件をきっかけに、琥珀はMUGENを解散させ、自らも失踪してしまいます。その後、雨宮兄弟も忽然と姿を消したため、地区の勢力図は一変。やがて5つのグループ(山王連合会・鬼邪高校・White Rascals・RUDE BOYS・達磨一家)が勃興し、混迷を極めていきます。5つのグループはその頭文字をとって、「SWORD」と呼ばれるのでした。

 ある時、「RUDE BOYS」が根城にしている〝無名街”で、突如謎の爆発事件が起こります。逃げ惑う人々を嘲笑うかのように、爆発は至るところで発生、無名街は廃墟と化してしまうのでした。時を同じくして、「山王連合会」が治める山王街にも大型のトラックが突っ込んできたかと思うと、無慈悲なスカウト集団「DOUBT」の手の者達が乱入してきます。DOUBTは破壊の限りを尽くしますが、コブラ(岩田剛典)とヤマト(鈴木伸之)率いる山王連合会も負けじと応戦し、DOUBTを撃退します。しかし、同じような襲撃は他の地区でも起きており、達磨一家・鬼邪高校・White Rascalsは深手を負わされてしまいます。仕掛けてきたのは、湾岸地区からSWORD地区を狙う海外勢力「MIGHTY WARRIORS」。しかもその中心で指示を出していたのは、なんと琥珀でした。一方その頃、SWORD地区には自分達の兄を探しているという、あの雨宮兄弟も姿を現すのでした。

 その後もMIGHTY WARRIORSはDOUBTを使い、執拗に襲撃を繰り返してきます。そんな中、RUDE BOYSのリーダー・スモーキー(窪田正孝)は、自分達の街で暮らしていた人々の無念を晴らすため、仲間を率いて戦いを挑みます。ところが、劉(早乙女太一)の策略にはまってしまい、RUDE BOYSは次々と倒れていってしまいます。それでもなんとか仲間達を逃がしたスモーキーでしたが、1人取り囲まれ、窮地に立たされてしまうのでした。するとそこへ、何故かあの雨宮広斗が助けに入り、スモーキーを救出しますが、スモーキーは劉に背中を斬られてしまい、瀕死の重傷を負ってしまいます。一方その頃、琥珀に呼び出されたコブラとヤマト。突然の再会に喜ぶ暇もなく、琥珀は2人に
「これからSWORDは俺達が仕切る。」
と、言い渡すのでした・・・。

 最初に大まかな復習はしてくれますが、やはり登場人物が多いので、前もって何らかの予備知識は準備しておいた方がイイですね。死んだ親友の復讐にとり憑かれ、半狂乱となってしまった琥珀に対し、彼を含めた皆の帰ってくる居場所を守ろうと戦いを挑むコブラやヤマトの姿が、切なくも激しく描かれていきます。

 同時に、自らの大切な仲間や家族を守るために、これまでいがみあってきたチーム同士が互いに背中を預け、悪態をつきながらも共闘していく様も、まさにヤンキー映画の醍醐味であり、痛快です。

 アクションもド迫力の一言に尽きます。特にラストの1時間近くに渡る大乱闘はまさに圧巻で、一見の価値ありです。“全員主役”“映画を超える”といった宣伝文句に違わない、大スケールのアクションエンターテイメントです。是非劇場でご覧下さい。

 ちなみにラストでは、ついに雨宮兄弟の長男が登場しますので、そちらにも是非ご注目を(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※柳俊太郎さん・・・本作では、White Rascalsのメンバー・KAITO役。最近の映画では「ストレイヤーズ・クロニクル」や「クローズEXPLODE」、ホラー映画の「雨女」等で、存在感のある役を演じていらっしゃいます。

※稲葉友さん・・・本作では、White Rascalsのメンバー・KIZZY役。「仮面ライダードライブ」での仮面ライダーマッハ役でブレイクした方で、最近では「MARS ~ただ、君を愛してる~」にも出演されていますね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>