ホーンテッド・キャンパス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「怖がってるだけじゃ、何も変わらない。」ホラーなのに心温まる成長物語。

2016年7月2日公開
監督:竹本聡志
出演:中山優馬・島崎遥香・大野拓朗 他

【賛否両論チェック】
賛:根っからの怖がりだった主人公が、仲間達や守りたい人との出逢いを通して、やがてたくましく成長していく様子が、ホラー映画なのに微笑ましくて心温まる。主人公達の〝絆”や、甘酸っぱい恋模様にも要注目。
否:コメディタッチではあるが、急に驚かせるシーンも多いので、ホラー映画が苦手な人には向かないかも。ツッコミどころも満載で、お話自体もかなり荒唐無稽。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン等あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり


 コミカルタッチのホラー映画です。片想いの後輩を追ってオカルト研究会の門を叩いた大学生と、その仲間達が巻き込まれる騒動を描きます。主演は中山優馬さん。

 始まりは、雪越大学の合格発表の日でした。番号を見つけて喜ぶ高校生達の間を縫って、掲示板を見つめる1人の少女。やがて彼女は走り出すと、近くにあった校舎の屋上へと駆け上がり、そして飛び降りてしまうのでした。

 ところ変わって、一浪の末に雪越大学の1年生となった主人公・八神森司(中山優馬)。実は彼には、他人には言えない「霊が見える」という力がありましたが、当の森司は極度の怖がりだったため、出来るだけ見えた霊には関わらないようにして生きてきたのでした。そんな彼はキャンパスで、高校時代に片想いをしていた1つ下の後輩・灘こよみ(島崎遥香)と再会します。ところが、意中のこよみが選んだサークルは、
「会長が幼馴染みの知り合いなので・・・」
という理由から、まさかの「オカルト研究会」。迷いに迷った森司でしたが、結局こよみの後を追い、オカルト研究会に入ることにするのでした。

 オカルト研究会のメンバーは、会長の黒沼麟太郎(安井謙太郎)と、その従弟の泉水(大野拓朗)、姉御肌の三田村藍(高橋メアリージュン)と、こよみ・森司の5人。そんな彼らの下に、早速心霊現象に悩む学生からの相談が舞い込んできます。それによると、
「引っ越しても引っ越しても、家の壁に不気味な女の顔が浮かび上がってきて、困っている。」
とのこと。写真を見せてもらうと、確かにそこには黒い女の顔が、はっきりと写っているのでした。怖がりな森司はなんとか話を切り上げようとしますが、部員達は俄然興味を示し、彼らは早速その学生の自宅へと向かうことにするのでした。

 実際に女の顔を目の当たりにした面々。麟太郎は
「引っ越しの際に持ってきている荷物の中に、何かいわくつきの物があるのでは?」
と推理。アンティークが好きだという学生の荷物を見せてもらいますが、その中のとある箱に入っていた指人形に森司が触れた次の瞬間、彼は少女が誰かをメッタ刺しにして、首吊り自殺をしている幻を見てしまうのでした。そうとは知らず、麟太郎達はその部屋に泊まって様子を見ることにしますが、ふと冷蔵庫から飲み物をとって戻ってきた森司は、壁から女の霊が抜け出してくるのを目撃します。しかし、霊が見えるのは森司と泉水だけ。女の霊はそのままこよみに襲いかかろうとしたため、2人は慌てて皆を外へと連れ出し、事なきを得るのでした。その後彼らは、学生が箱を買った骨とう品店を訪れ、店主から詳しい話を聞き出そうとします。そこで森司達が知ったのは、指人形にまつわる恐ろしくも悲しい話でした・・・。

 霊感があるのに生粋の臆病で、その力から逃げ続けてきた主人公が、理解のある仲間達や守りたい人と出逢い、少しずつたくましく成長していく様子が、ちょっと怖い雰囲気の中でも微笑ましく描かれていきます。そんな彼を温かく見守り、時に優しい言葉をかけてくれる先輩部員達の存在もまた、人と人との〝絆”を感じさせてくれる、ステキな要素になっています。個人的には高橋メアリージュンさん演じる藍の、姉御肌なキャラクターが好きでした(笑)。

 展開は結構強引ですが、前半は1人の少女が辿った悲劇の物語に驚かされ、後半は大学がひた隠しにしてきた〝自殺した少女”にまつわるストーリーに、ハラハラドキドキさせられます。主人公が想いを寄せるヒロインをどうやって守り抜いていくのか、その成長ぶりにも期待大です。

 沢山ドキドキして、少しだけほっこり出来るような、不思議な雰囲気のホラー映画に仕上がっています。友達同士は勿論、デートなんかにもオススメの作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※大野拓朗さん・・・本作では、オカルト研究会で森司意外に唯一霊が見える泉水役。最近の映画では、オムニバス映画「9つの窓」内の「漁村の光」での、横山由依さん演じる漁村のヒロインを迎えに来る初恋の人役や、橋本環奈さん主演の「セーラー服と機関銃 -卒業-」での、目高組の組員・祐次役等が有名なところですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>