MARS ~ただ、君を愛してる~ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

根本は中高生向けか。愛に苦しむ者達の行き着く先とは。

2016年6月18日公開
監督:耶雲哉治
出演:藤ヶ谷太輔・窪田正孝・飯豊まりえ 他

【賛否両論チェック】
賛:主人公達が織り成す際どい三角関係が、切ない恋模様や危険な恋心、そして消えない本当の“愛”を紡いでいく様子に、思わず考えさせられる。
否:ストーリーは悪く言うとやや稚拙で、中高生の文化祭の出し物のよう。ドラマ版の知識もあった方がイイ。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・暴力シーンが少しあり
アクションシーン・・・ほんの少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気が少し怖いシーンがあり


 人気ドラマの映画化です。高校生達の、時として危うい恋模様を描きます。主演は藤ヶ谷太輔さんと窪田正孝さん。

 幾多の困難を乗り越え、ようやく結ばれた樫野零(藤ヶ谷太輔)と同級生の麻生キラ(飯豊まりえ)。零の部屋で、今年のクリスマスの過ごし方を考える2人。キラは
「まだお父さんが生きていた時に一緒に見に行っていたような、大きなクリスマスツリーが見たい!!」
と、期待に胸を膨らませます。その後イイ雰囲気になる零とキラでしたが、キラは何故か突然激しく拒絶反応を示してしまい、零は戸惑います。結局その日は何も起こらず、後日キラはそのことを、親友の晴美(山崎紘菜)に相談します。そんなキラを晴美は優しく励ますと、少し立ち直ったキラは、その後も深夜の工事現場でアルバイトをする零のためにお弁当を作るなど、献身的に零の支えになろうとするのでした。

 一方その頃、零に羨望の眼差しを送る転校生・霧島牧生(窪田正孝)が、不穏な動きを見せ始めます。放課後、告白してきた女子生徒をあっさりとフッた牧生は、その女子生徒から、キラが何か重い過去を背負っているらしいということを聞きます。牧生はすぐさま、興信所にキラの過去を調べさせ、キラが一時期心療内科に通っていたことや、その原因となった“事件”について知ることになるのでした。

 そしてある日の朝、牧生はついに行動を起こします。登校時、下駄箱で一緒になったキラに、“何か”を囁く牧生。キラは一瞬にして顔面蒼白になると、その後は授業中も上の空になるなど、明らかに様子がおかしくなります。放課後、牧生を問いただす零でしたが、牧生は
「本人に聞いてみれば?」
とシラを切るのでした。同じ頃、下校しようとしていたキラは、歩道橋でナンパをしてきたチンピラ達に絡まれてしまいます。ところが、チンピラが軽く体に触れただけで、キラは激しく動揺し、絶叫してしまいます。騒ぎを聞きつけた零が慌てて駆け寄り、チンピラ達を追い払いますが、キラはその場に崩れ落ちてしまうのでした。彼女を落ち着かせ、家へと連れていった零は、キラがかつて義理の父親に乱暴をされており、そのことが原因で男性恐怖症に陥ってしまったことを知らされるのでした・・・。

 心に深い傷を負ったキラと、彼女の存在によって変わることが出来た零、そしてそんな2人を自身の信条のままに引き裂こうとする牧生。危うげに交錯する人間関係が、時に切なく時に恐ろしい三角関係を築いていくのが印象的です。劇中、三者三様のナレーションをベースに、お話が進んでいくのもステキですね。

 一方で、思わず
「え・・・それはちょっと、やりすぎじゃない?」
と思ってしまうような展開が続くので、ちょっと現実味がなくて興ざめしてしまうかも知れません。例えるなら、文化祭の出し物の演劇のようなストーリーといえなくもないかと。

 とはいえ逆に言うと、中高生の方々にはきっと胸キュン必至の、ハラハラドキドキの際どい恋愛ドラマに仕上がっているともいえます。是非ドラマ版を観た上での鑑賞をオススメします。


【ワンチャン・ポイント】
※奥仲麻琴さん・・・本作では、主人公達の同級生役でご出演。「仮面ライダーウィザード」でのヒロイン役で有名な方ですが、最近の映画では「心霊写真部 劇場版」でも主演を務めていらっしゃいます。

※馬場ふみかさん・・・本作では、同じく主人公達の同級生役。こちらも「仮面ライダードライブ」での悪役で有名になった方で、最近の映画では狂気に走る高校生達を描いた「パズル」での女子高生役のほか、7月公開のガングロギャル達の青春を描いた「黒い暴動」でも主演されるそうですよ。

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>