TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「天国も地獄も、頭文字は同じ“H”。」 不謹慎ネタ満載の爆笑コメディ!!

2016年6月25日公開
監督:宮藤官九郎
出演:長瀬智也・神木隆之介・森川葵 他

【賛否両論チェック】
賛:シュールな笑いを通して、好きな人のためにがむしゃらに転生する主人公の奮闘ぶりが、コミカルに描かれていく様子に、思わず笑ってしまう。様々な楽曲の数々や、豪華なキャストも魅力。
否:“死”という不謹慎な笑いには、どうしても賛否両論があるのは否めないか。下ネタやグロシーンも結構あるので、デートや家族サービスでは向かないかも。


ラブシーン・・・お色気シーン・下ネタ等がかなりあり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・地獄の雰囲気は少し怖いかも


 宮藤官九郎監督最新作。修学旅行中に死んでしまった高校生が、好きなあの子のために輪廻転生を誓い、奮闘するドタバタコメディです。主演は長瀬智也さん・神木隆之介さん。

 冴えない高校生・関大助(神木隆之介)は、サービスエリアで修学旅行のバスに乗り込みながら、翌日に控えた自由行動を心待ちにしていました。そんな彼は、親友のいじめられっ子・松浦に席を代わってもらい、憧れの同級生・ひろ美(森川葵)の隣りに座ることに成功します。賑わうバスの車内で、ひろ美に話しかける大助でしたが、その直後、バスは崖から飛び出し、谷底へと落ちていってしまうのでした。

 次に大助が目覚めると、そこはなんと地獄。そこでは地獄農業高校軽音楽部のバンド「地獄図(ヘルズ)」が、顧問の鬼・キラーK(長瀬智也)をボーカルに迎え、演奏の真っ最中でした。突然のことに戸惑う大助でしたが、ふとキラーKの顔に見覚えがあることに気がつきます。実はキラーKの前世は、軽音楽部だった大助達の行きつけの店「スタジオぱんだ」の店長・近藤だったのでした。
「どうして俺だけ地獄・・・?」
と不満げな大助でしたが、自分の死に方が“自殺”だと聞かされて驚きます。よくよく死に際を思い返してみた大助は、自分がバスの転落直前に、ひろ美との会話の照れ隠しで、バナナを無理やり口に押し込んで窒息したことを思い出します。“自殺は大罪”とされているため、大助は地獄へと落とされたのでした。


 「チューもしないで死ぬなんて・・・、もう1度ひろ美ちゃんに会いたい!!」
と訴える大助。そんな彼に、キラーKは地獄の輪廻転生のシステムを説明します。それによると毎週金曜日、彼らはえんま校長(古田新太)の裁きを受けることが出来、次の生まれ変わり先を決められるとのこと。チャンスは7回。かくして大助は、もう1度ひろ美に会うべく、キラーKの猛特訓を受けながら、人間に生まれ変わるための必死のアピールを続けるのでしたが・・・。

 死んでしまった高校生が、生まれ変わろうとポジティブに戦い続ける姿が、不謹慎な小ネタ満載で描かれ、思わず何度もクスッと笑ってしまいます。

 そしてもう1つ、地獄図(ヘルズ)が奏でるいくつもの楽曲が、笑えるものだけではなくて、「天国」みたいにふと心に響くようなものもあるのが印象的です。
「あなたがいれば 地獄も天国 あなたがいない 天国は地獄」
って、意外とステキです(笑)。

 「“死”からの輪廻転生」という、結構デリケートなテーマを笑いにしているのと、下ネタが結構多いのとで、好き嫌いはかなり分かれそうですが、クドカンワールド全開のぶっ飛んだ世界観を、是非劇場でご覧下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※清野菜名さん・・・本作では、地獄で大助達と行動を共にする邪子役。実際は、本作とはかけ離れた清楚な雰囲気の方で、最近では「TOKYO TRIBE」でのヒロイン役のほか、「東京無国籍少女」や「雨女」等での主演や、あの「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」にも出演していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>