燐寸少女 マッチショウジョ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

人間の内面が露になる、“世にも奇妙な”的世界観。

2016年5月28日公開
監督:内田浩
出演:佐藤すみれ・本田剛文・小野賢章 他

【賛否両論チェック】
賛:妄想を具現化するマッチを手にした者達の運命を淡々と描いていくのが、非常に不気味。人間の持つ裏の顔にも、考えさせられる。
否:終わり方は好き嫌いが分かれそう。「寿命と引き換え」感もあまりないので、切迫感が伝わりづらいか。

ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・虫のシーン・殺害シーン等があり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも


 寿命と引き換えに、妄想を具現化出来るというマッチを手にした者達の、悲哀を描きます。主演はSKE48の佐藤すみれさん。

 とある高校に通う、いじめられっ子の氏家治(本田剛文/BOYS AND MEN)は、女子生徒から手紙を渡され、浮かれた気分でそれを開けます。しかしそこに書かれていたのは、「ハズレ」の文字。笑い声に振り返ると、物陰から不良の亀山(尾関陸)達が一部始終を見ていて、大笑いをしているのでした。騙されたと知った治は、慌ててその場を去りますが、その後も亀山達の嫌がらせは続きます。カブトムシを大切に育てている治は、ある日カブトムシの幼虫を買った帰り道、亀山達に絡まれてしまいます。亀山は幼虫を気味悪がって踏み潰すと、
「このウジ虫が!!」
と罵声を浴びせるのでした。殴り倒されて茫然としていた治でしたが、そんな彼のことを、たまたま通りかかった保健委員の蝶野葉子(上野優華)は、優しく介抱してくれるのでした。

 ところ変わって、とある美術大学。岸田叶人(小野賢章)は絵画展に3年連続で入賞している実力者で、今は名門の「東都展」での入賞を目指し、作品制作に余念がありません。自分の才能に自信のある彼は、講師の藤浪(岡幸二郎)のことですら、“同じ「東都展」を目指すライバル”としか見ていないのでした。またところは変わり、とある病院。1人の老人(大石吾朗)が医師から、入院した妻(丘みつ子)の病状を聞かされていました。それによると、
「発見が遅れたため、もう長くは持たない。」
とのこと。老人はショックを隠せませんでしたが、妻本人には告げることが出来ません。その後病室を出た老人は、密かに持っていた旅行の航空券を、廊下のゴミ箱へと捨ててしまうのでした。・・・と、この3組の悲哀を画面越しに見つめる、1人の少女の姿がありました。

 ある日のこと、葉子に会おうと保健室を訪れた治。しかしそこにいたのは葉子ではなく、彼女の純(御伽ねこむ)とイチャイチャしている亀山でした。ドアの外へと突き飛ばされた治は思わず、
「お前が悪臭を撒き散らす害虫になれ・・・」
とつぶやきます。すると次の瞬間、亀山の体からは異臭が発せられ、純は一目散に逃げてしまい、亀山も慌てて後を追いかけるのでした。一方同じ頃、叶人は下校途中に、クラスメートの高橋由香(唯月ふうか)がいじめられている現場に遭遇していました。しかも由香が持っているキャンバスは既に破られており、いじめは執拗に繰り返されているようでした。由香の親友・友野晴美(森迫永依)が止めに入り、由香はその場を去りますが、叶人はいじめていた女子達を見ながら、
「何故あんなことが出来るんだ?心の中が見てみたい・・・」
と想像します。すると、女子達の体から小さなキャンバスが転がり落ちると、足元に転がります。そこには彼女達の内心思っていることが、ありありと書かれているのでした。それぞれ突然の出来事に、驚く治と叶人。そんな2人の前に、あの謎めいた少女・リン(佐藤すみれ)が現れます。彼女が差し出したのは、寿命と引き換えに妄想を具現化するという、不思議なマッチでした・・・。

 雰囲気としては、「世にも奇妙な物語」みたいな感じです(笑)。寿命と引き換えに、妄想を具現化するというマッチを手にした者達が辿る数奇な運命の行方が、淡々と不気味に描かれていきます。「願望」ではなくて「妄想」を具現化するっていうところがミソですね。

 ただ、ちょっと登場人物のクセが強すぎて、なかなか感情移入はしづらいかも知れません。謎めいた終わり方も、気になるところです。

 グロシーンも少しありますが、人間の醜い部分や純粋な部分が露になる作品です。気になった方は是非。


【ワンチャン・ポイント】
※上野優華さん・・・本作では、氏家が好意を寄せる保健委員・蝶野葉子役。本業はシンガーソングライターの方で、最近の映画では「トイレの花子さん 新劇場版」や「1/11 じゅういちぶんのいち」での出演&主題歌や、「心霊写真部 劇場版」や「復讐したい」でのご出演、そして「瀬戸内海賊物語」では主題歌も担当されています。最新作では、「白鳥麗子でございます! THE MOVIE」や「月光」、「海すずめ」等に出演されるそうですよ。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>