ヘイル、シーザー! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

演出は好き嫌い有り。コミカルな中に光る“仕事の価値”。



2016年5月13日公開
監督:ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
出演:ジョシュ・ブローリン
ジョージ・クルーニー
オールデン・エアエンライク 他



【賛否両論チェック】
賛:撮影所で起こる突拍子もないトラブルの連続に奮闘する、主人公の姿がどことなく痛快。「仕事で自分の価値を示す」というテーマも共感出来る。
否:笑わせようとしている描写がどれもシュールなので、楽しめるかどうかは観る人次第。伏線の回収もやや中途半端。



ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・基本的にはなし



 映画撮影所で起きたスター誘拐事件と、その解決に奔走する撮影所の〝何でも屋”の姿を描きます。主演はジョシュ・ブローリン。


 物語の舞台は、1950年代のハリウッド。映画撮影所のエディ(ジョシュ・ブローリン)は、映画製作に関わる様々な難題の解決に追われていました。その日も彼は撮影所に到着するなり、現在巨額の費用を投じて製作中の映画「ヘイル、シーザー!」の打ち合わせに入ります。古代ローマでのキリストの復活を描いたこの作品について、カトリック・プロテスタント・正教会・ユダヤ教の有識者を迎え、それぞれの視点から問題がないか、エディは意見を求めます。どの宗派もあれこれ難解な理論を展開する中、エディはなんとか「問題ない」との承諾を取りつけるのでした。


 そんな中、撮影所の一画で行われていた「ヘイル、シーザー!」のセットでは、2人のエキストラが落ち着かない面持ちで、周りをうかがっていました。次の瞬間、隙を見た1人が、セットの杯に睡眠薬を投入。それを知らぬまま撮影は進み、主演のベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が、杯を飲み干してしまいます。その後、休憩で控え室に戻ったベアードの下を、例の2人のエキストラが訪れると、眠ってしまったベアードを車に乗せ、どこかへと連れ去ってしまうのでした。


 一方のエディの下には、様々なトラブルが持ち込まれていました。舞台映画に抜てきした西部劇出身の俳優は、訛りが全く抜けず、監督はカンカン。恋多き女優は、妊娠した子供を養子に迎えたいと譲らず、エディ自身にも、ロッキード社からヘッドハンティングの誘いが来ていました。そんな中で、秘書から
「ベアードが行方知れずになっている。」
と聞いたエディは、てっきりいつものように飲んだくれていると思い、心当たりを探すように指示します。ところが実際には、ベアードの姿はとある海辺のコテージにあるのでした。気がついたベアードが隣りの部屋へと行ってみると、そこには多数の共産主義者達の姿が。どうやら映画の脚本家でもあるらしい彼らは、資本主義に関する自分達の討論にベアードも加わらせ、議論は白熱。単純なベアードは、すぐに共産主義に毒されてしまうのでした。一方エディの下には、ベアードの身代金として、10万ドルを要求する電話がかかってくるのでしたが・・・。


 映画撮影所を舞台に、一癖も二癖ある俳優や監督達が巻き起こす無理難題と、それに悪戦苦闘するエディの姿が、コミカルかつテンポよく描かれていきます。ただ、笑いそのものはかなりシュールなので、日本人が観て笑えるかどうかは、人それぞれ分かれそうなところです。


 そんなコミカルな中で映し出されるのは、自分にしか出来ない仕事を通して、自分の価値を示せるかということ。ラストのエディとベアードのやり取りなんかに、それが滲み出ています。


 キャストも結構豪華で、映画のセットを駆使した撮影シーンも出てきますので、お芝居好きな方なんかにオススメの作品かも知れません。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>