HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

好き嫌いは真っ二つ。変態すぎるアブノーマル・ヒーロー!!


2016年5月14日公開
監督:福田雄一
出演:鈴木亮平・清水富美加・柳楽優弥 他


【賛否両論チェック】
賛:前作の知識は、最悪なくても大丈夫。アブノーマルなヒーローが愛する人を守るために、ド派手なアクションを繰り広げていく。演者さん達の振り切った“変態”演技にも脱帽。シュールな小ネタの数々も秀逸。
否:主人公の下品すぎるアクションや、シュールすぎる笑いの数々は、好みがはっきり分かれそう。


ラブシーン・・・お色気シーンがメッチャあり
グロシーン・・・お色気シーンで少しあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンは少しだけ怖いかも



 パンティをかぶることで変身する、〝正義の変態”が帰ってきました(笑)。主演は勿論、鈴木亮平さん。


 前作で、「変態仮面」として愛する人・姫野愛子(清水富美加)を守った主人公・色丞狂介(鈴木亮平)。当時高校生だった彼も、今では大学生になっていました。彼は今、ピザ屋でアルバイトをしていましたが、理不尽な店長(新井浩文)が決めた「20分以内にピザを配達する」という社の方針を守れず、クビになりかけていました。それでも、ラストチャンスとして配達を任された狂介でしたが、その配達中に、まさかの信金強盗に遭遇してしまいます。助けを求める警備員の声を無視出来なかった狂介は、すぐさま犯人達の車を追跡。パンティをかぶって変態仮面に変身すると、犯人達をあっという間に成敗してしまうのでした。


 しかし、新聞の1面に載った変態仮面の記事を見て、愛子は厳しい表情を隠せません。愛子は狂介に、
「変態の狂介君より、変態じゃない狂介君の方が好き。」
と告げると、自分のパンティを返すよう迫ります。戸惑う狂介でしたが、愛子のたっての望みとあって、変態仮面を辞めることを決意し、彼女にパンティを返すのでした。そんな2人の様子を、陰から見つめるオタクの真琴正(柳楽優弥)の姿がありました。真琴は人知れず、愛子に好意を寄せているのでした。ところがその直後、体育の授業中に、女子のパンティが全て盗まれるという事件が発生。愛子は真っ先に狂介を疑いますが、全く身に覚えがない狂介は困惑すると同時に、“クラス中の女子が、今ノーパンである”という事実に、1人でエクスタシーを感じてしまうのでした。そんな狂介は授業後、生物学教授の彩田椎名(水崎綾女)に呼び出され、
「タイプなの。」
と突然の告白を受けます。愛子の存在を理由に丁重に断り、その場を後にする狂介でしたが、その直後、女子のパンティが飛ばされそうになっている現場に遭遇。慌てて助けに入りますが、パンティは恐ろしい力で大空へと引っ張られ、飛ばされていってしまいます。しかもその現場を愛子に目撃された狂介は、完全に誤解されてしまうのでした。


 その後も彩田は、あの手この手で狂介を誘惑してきます。招かれるままに自宅で夕食を共にする狂介でしたが、そこへ彩田の昔の男(やべきょうすけ)が乱入してきます。なんとか助けようとする狂介は、寝室へと逃げ込み、彩田のパンティをかぶろうとしますが、愛子の言葉が脳裏をよぎり、結局変身することは出来ませんでした。なんとか男を追い払った狂介は、帰りがけに彩田から突然キスをされてしまいますが、なんとその様子を愛子に見られてしまいます。失意に暮れる狂介の前に、使用済みのパンティを吸い込んでしまうという謎の改造人間〝ミスター・バキューム”(皆川猿時)が姿を現すのでした・・・。


 さすが福田雄一監督、シュールすぎる世界観は健在です。パンティをかぶることで“正義の変態”へと変身する主人公が、今回も悪党を相手に大立ち回りを繰り広げます。アクションは前作よりもさらにパワーアップし、馬鹿馬鹿しいのに笑ってしまう変態奥義が次々に繰り出されていきます(笑)。


 笑いの小ネタの数々もかなりシュールなので、好みは分かれそうですが、今回は「モ○キ」や「ス○イダーマン」を彷彿とさせるようなシーンも登場しますので、是非ご注目を(笑)。


 前作の知識がなくても、お話そのものにはついていけるので、この機会に是非“アブノーマル”すぎるヒーローの世界に、ハマってみてはいかがでしょうか?



【ワンチャン・ポイント】
※水崎綾女さん・・・本作では、主人公の狂介に惚れ込む大学教授・彩田役。最近の映画には、実写映画化された「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」で、三浦春馬さん演じる主人公を誘惑する子持ちの新兵・ヒアナ役で出演されていますね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>B



<「映画の通信簿2015」発売中!!>