ルーム | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「ドアの前で待っていても、何も変わらない。」


2016年4月8日公開
監督:レニー・アブラハムソン
出演:ブリー・ラーソン
ジェイコブ・トレンブレイ 他


【賛否両論チェック】
賛:〝世界”を知らずに育った息子が、監禁されてきた母親と共に、決死の脱出を図るまでの前半と、世間からの注目を一身に背負いながらも、普通の生活を手にしてからの葛藤を描いた後半。どちらの状況にあっても、親子二人三脚での成長をしっかりと描いているのが印象に残り、感動させられる。
否:展開は結構淡々としているので、好みは分かれそう。暴力シーン等、生々しい描写もあり。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・暴力シーンあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・オールド・ニックのシーンは少し怖いかも



 7年に渡り監禁されていた母親と、外の世界を知らない息子の、決死の脱出劇を描いた作品です。主演のブリー・ラーソンが、アカデミー賞主演女優賞を獲得しています。


 物語の主人公は、母親・ジョイ(ブリー・ラーソン)と、4歳の息子・ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)。朝目覚めたジャックは、部屋中にある物に、
「おはよう。」
と挨拶をします。部屋にある物全てが、彼の友達でした。一見すると普通の親子でしたが、2人が外に出ることはなく、夜になるとドアが開き1人の男、オールド・ニックがやって来ます。ジョイはジャックをいつものようにタンスの中へと隠し、ニックと一夜を共にしなければならないのでした。


 実はジョイは、17歳の頃にニックに誘拐され、以来7年間に渡って監禁されており、ジャックもその間に出産した子供なのでした。当然ながら、ジャックは外の“世界”という物を知らず、テレビに映る人や物も、全てが偽物だと思っているのでした。そんなジャックも5歳の誕生日を迎え、ジョイはケーキを作ります。しかしジャックは、
「ロウソクが立ってなきゃイヤだ!!」
とダダをこね、ジョイを困らせます。仕方なくジョイはニックにプレゼントを頼み、ラジコンカーを差し入れてもらうのでした。ジョイは大喜びでしたが、その一方で、ジョイはニックが半年前に失業していたことを知らされ、今後に焦りを隠せません。それでもジョイは健気に、ニックにジャックを触らせまいとしますが、そんな彼女にニックは激しい暴行を加えるのでした。


 その後、夜中は電気を切られるようになってしまい、ジョイはいよいよ脱出を試みることに決めます。方法は、ジャックを病気に見せかけて外へと連れ出させ、医師に助けを求めるというもの。しかし幼くて、外に広い世界があることも理解出来ないジャックは、なかなか言うことを聞いてくれません。それでも、
「どうやらニックは悪い人で、ママは閉じ込められている。」
ということは理解したジャックに、ジョイは病気のフリと、医師に渡すメモの渡し方を教え込みます。ところが、いざ帰ってきたニックに病気を伝えたところ、彼は動揺しながらも、
「強い薬を買ってくる。」
と言い残し、2人を残して出ていってしまいます。意を決したジョイは、ジャックが死んでしまったことにして、捨てに行く最中に脱出させようと作戦を変更。ジョイにその方法を教え込もうとするのでしたが・・・。


 前半は、親子が脱出を果たすまでの格闘を描きます。幼いが故に何も分からず、“世界”という概念を理解出来ないジャックに対して、ジョイが教え方を苦悩する様子が印象的です。その特殊な状況下でなければ起こり得ないその境遇に、なんだかとても切ない感じがします。同時に、無事に逃げ出せるかどうかのハラハラ感にも支配されます。


 そして後半は、脱出した親子が世間に注目されながらも、本当の人間らしさを取り戻そうと葛藤していく様子が描かれていきます。ジャックは初めて目にする人や物の多さに驚きを重ね、ジョイは周囲の変化や過熱する報道に戸惑いながらも、少しずつそれを受け入れていきます。そんな2人の成長する過程もしっかりと辿っているのが、またステキです。


 ラブシーンや暴力シーンも少しだけありますが、親子の本当の二人三脚の物語を、是非劇場でご覧下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※ブリー・ラーソン・・・本作の主演。最近の映画では、心に傷を抱えた少年少女達のための、短期保護施設で働く主人公の女性を描いた「ショート・ターム」で、主演を務めていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>