モヒカン故郷に帰る | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

シュールなのにユーモラス。不思議と心温まる家族の物語。


2016年4月9日公開
監督:沖田修一
出演:松田龍平・柄本明・前田敦子 他


【賛否両論チェック】
賛:父親のガンと向き合う家族の姿を、コミカルかつユーモラスに描いていくのが印象的。
否:笑いそのものは結構シュールなので、好き嫌いは分かれそう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 結婚報告に、広島の離島に帰省したバンドマンと、その家族の姿をコミカルに描きます。主演は松田龍平さん。


 主人公は、デスメタルバンド「断末魔」のボーカルで、モヒカン頭がトレードマークの田村永吉(松田龍平)。同棲中の婚約者・由佳(前田敦子)は妊娠しており、その報告をするために、永吉の故郷である広島県・戸鼻島へと旅立つのでした。実に7年ぶりに帰省した永吉でしたが、家では同じように帰ってきていた弟・浩二(千葉雄大)が、昼食の真っ最中。何も知らない浩二は、兄の突然の帰省に慌てます。一方その頃、中学校で吹奏楽部の顧問をしている父・治(柄本明)も、母・春子(もたいまさこ)に連れられて帰宅。2人もまた、永吉の突然の帰省に驚きますが、まずは全員で、酔っ払っている治の介抱に当たるのでした。


 ようやく落ち着いた後、永吉は両親に、由佳との結婚を報告しますが、未だにバンドを続けている彼に対し、治は
「生活費はどうしてる?」
と質問。永吉が
「こいつ(由佳)が・・・」
と答えるなり、掴み合いのケンカになってしまい、庭で盗み聞きしていた浩二が、慌てて止めに入ります。・・・と、ここまでは昔からよくある光景でしたが、その最中に治が突然、胸を押さえて苦しみ出します。かと思えば、いきなり方々へ電話をかけ始めると、早速永吉の結婚祝いの段取りを組み始めるのでした。


 その日の夜、島の人々が集まって、宴会が開かれます。身重の由佳は寝室で寝ていましたが、そのあまりのうるささに閉口していました。一方の永吉は、酒をしこたま飲まされ、洗面所へ。
「あいつら誰なんだよ!?」
とツッコんでいましたが、そんな彼の目に、玄関で倒れている治の姿が飛び込んできます。慌てて救急車を呼び、治は病院に担ぎ込まれます。永吉達は、そこで知り合いの医師から、治が末期の肺ガンであることを告げられるのでした・・・。


 ストーリーそのものは、
「帰省した主人公が、父親のガンを知って奮闘する。」
という、結構重い内容のはずなんですが、それでも暗くならないのは、そのシュールでコミカルな登場人物達のなせる技です(笑)。変わってるけれどどこか憎めない人々が勢揃いし、主人公の父親のガンと向き合っていく様子が、ハートフルに描かれていきます。


 シュールな小ネタも満載です。カープの菊池選手のくだりなんかは、ジワジワと来ます(笑)。


 沈んだ心をちょっとほっこりさせてくれるような、そんな作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>