ドクムシ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

グロすぎるストーリーに、衝撃的すぎるラスト。異形のサスペンス。


2016年4月9日公開
監督:朝倉加葉子
出演:村井良太・武田梨奈・秋山真太郎 他


【賛否両論チェック】
賛:極限状態に置かれ、次第に正気を失っていく人々の姿が壮絶で、痛々しくも圧倒される。終わり方も非常に衝撃的。
否:人体切断等、かなりグロいシーンが多いので、苦手な人には絶対不向き。設定もかなり無理がある。


ラブシーン・・・かなりあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 突如として閉じ込められた7人の男女が、お互いを殺し合っていく壮絶なサスペンスです。主演は村井良太さん。


 主人公のレイジ(村井良太)が目覚めると、そこは不気味な教室の中でした。窓は全てシャッターが降りており、外の光は入りません。混乱するレイジが廊下へ出ようとすると、不良のトシオ(宇治清高)を始めとする面々が、逆に教室の中へと入ってきます。トシオはレイジの首を絞めると、
「お前が俺達を閉じ込めたのか!?」
と迫ってきます。レイジは慌てて、自分ではないと訴えるのでした。ようやく濡れ衣が晴れて落ち着いたところで、全員が改めて自己紹介をします。閉じ込められているのは、レイジの他に、新聞記者のユキトシ(秋山真太郎)やキャバ嬢のアカネ(武田梨奈)、トシオ・ユミ(水上京香)・タイチ(駒木根隆介)・ミチカ(野口真緒)の7人。自己紹介が住んだところで、彼らは再び校舎の中を、出口を探して回るのでした。


 ところが、出入口らしき階段にもシャッターが降りており、3人がかりでもびくともしません。他にも出口は全くなく、レイジ達は言葉を失います。水はかろうじて出ましたが、食糧は全くありませんでした。そんな中、彼らは「特別教室」と書かれた教室へと辿り着きます。そこにあったのは、分厚い肉切り包丁と大型の鍋、そしてカウントダウンを続ける時計でした。事ここに至って、ユキトシはとある仮説に行き着きます。それは、世界各地で実際に行われていると噂されるデス・ゲーム「蠱毒(こどく)」。元々は呪術の一種で、ムカデやクモといった“毒虫”を1つの壺に閉じ込め、最後の1匹になるまで喰い合わせるというもの。ユキトシいわく、何者かがそれになぞらえて、7人の人間を1週間に渡って閉じ込め、最後の1人になるまで殺し合わせるという人体実験を行っているというのでした。確かに校舎内には、いたるところに監視カメラが仕掛けられており、彼らの行動は逐一監視されているようでした。


 あまりのことに衝撃を受けながらも、なんとか空腹に耐える面々。しかし次第に、その雰囲気は険悪になっていきます。不良のトシオは誰かれ構わず当たり散らし、幼児性愛者のタイチは、幼いミチカに怪しい視線を送るようになります。そんな中で、自身の体臭恐怖に陥ってしまったユミを、アカネは優しく励まし、信頼を勝ち取ることに成功するのでした。ところが4日目を迎えた頃、とうとう最初の事件が起きてしまいます。ユミの着替えを覗いて欲情したトシオが、階段の最上階でユミを暴行。駆けつけたアカネとレイジも殺されかけますが、アカネを殴られて激昂したユミによって、トシオは絞め殺されてしまいます。かくして理性という歯止めが利かなくなった6人は、次第に疑心暗鬼に陥り、1人また1人と死んでいってしまうのでした・・・。


 覚悟して観ないと、想像以上にラブシーンやグロシーンが多いです。内臓が飛び出したり、手足がちぎれたりするので、苦手な人には絶対に向かない作品です。


 突如食糧のない建物に監禁され、空腹感から次第に正常な思考を失い、少しずつ壊れていく登場人物達の壮絶な姿に、観ていて鬼気迫るものがあります。
「とはいっても、大体こういう感じで終わるんでしょ。」
なんて思って油断していると、その一回り上を行かれるような終わり方で、それもまた衝撃的です(笑)。


 スプラッター色の強いサスペンスといった感じですので、気になった方は是非。



【ワンチャン・ポイント】
※村井良太さん・・・本作の主人公・レイジ役。「仮面ライダーディケイド」内での、仮面ライダークウガ役で有名な方で、最近の映画では9月公開の時代劇「真田十勇士」にも出演されるそうです。


※駒木根隆介さん・・・本作では、自分勝手な行動をとるタイチ役。何といってもその風貌が印象的な方ですが(笑)、「SR サイタマノラッパー」シリーズでの主演や、「アフロ田中」「風俗行ったら人生変わったwww」「猫侍」「ボクは坊さん。」等々、結構変化球な作品に多く出演していらっしゃいます。最新作では、森田剛さん主演の「ヒメアノ~ル」にも出演されているそうですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>