女子高 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

女子とはかくも恐ろしい。痛感させられるサスペンス。


2016年4月9日公開
監督:山本浩貴
出演:峯岸みなみ・高田里穂・泉はる  他


【賛否両論チェック】
賛:女子高生特有の、表で仲良く裏では妬み合う姿が、回想シーンという形で描かれていくのが、なんとも考えさせられる。現在進行形で起きた殺人事件の結末も、意外性がある。
否:展開はやや強引で、かなり無理もある。終わり方にも賛否は必至。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・暴力シーンがあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・ホラーチックなシーンがあり



 高校卒業以来7年ぶりに集まった6人の女性達。ところが1人が殺され、疑心暗鬼に陥っていくシチュエーション・サスペンスです。主演は峯岸みなみさん。


 廃校となっていた「松花女子学園高等学校」。夜中にその校舎へと忍び込む、主人公の香月(峯岸みなみ)の姿がありました。かつて自身が使っていた教室へ着くと、ほこりを被っていた当時の自分の机につき、思い出にふけります。そんな彼女の肩をたたく美冬(高田里穂)。彼女もまたこの学校の卒業生であり、香月の友人でもありました。やがて遠くから、賑やかな女性達の話し声が聞こえてきたかと思うと、かつての同級生達が押しかけてきます。実は彼女達は、当時のダンス部「PIXIES」の面々で、卒業から7年が経ったその日、久しぶりに再会したのでした。旧交を温めながら、当時の思い出を振り返る香月達。しかし当時からそうだったように、内心はお互いへの妬みややっかみで溢れており、不満がまん延していました。途中、トイレの個室でタバコを吸っていた亜里沙(寒川綾菜)は、お互いを悪く言いつつも、実際に会うと誉めてばかりいる貴子(中山絵梨奈)とエリカ(北山詩織)の声を聞きながら、
「やっぱ女の集まりって疲れるわ・・・」
と、ため息をつくのでした。


 ところが宴もたけなわになってきた頃、事件が起こります。卒業式の日に撮っていたビデオを観ていた時、急に電気が消え、一発の銃声が響き渡ります。パニックになる面々を亜里沙が一喝し、ライターの灯りを頼りに電気を点けます。するとそこには絶命している美冬の姿があり、そばには血まみれの拳銃が転がっているのでした。突然のことに激しく動揺する香月達。そこへ追い打ちをかけるように、全員にメールが届きます。
「犯人はだれだ?復讐の始まり」
という内容で、差出人のアドレスは、
「natsumi-shirakawa」
というもの。その名前には、全員に思い当たる節があるのでした。そんな彼女達を押しとどめた亜里沙は、自身が今刑事をしていることと、
「状況から見て、この中に美冬を殺した犯人がいる。」
と、衝撃の事実を告げるのでした。


 さかのぼること7年前。当時転校してきたばかりだった美冬は、香月に連れられ、PIXIESの部室へとやって来ます。最初は美冬をあまり歓迎していなかった貴子達でしたが、入部テストにと差し出したタバスコを、美冬が必死に飲み干す姿に見る目が変わり、彼女達はすぐに打ち解けたのでした。その後美冬は、クラスの不良・矢沢(冨手麻紗)達にいじめられていた夏海(泉はる)を助けます。そんな美冬にも心を開こうとしない夏海に対し、美冬は自身も前の学校でいじめられていたという過去を明かします。その後も、担任(風間トオル)の前でも矢沢をやり込めた美冬は、一躍クラスで人気者になっていきます。しかし同時に美冬は、クラスの勝者であるためには手段を選ばず、時には亜里沙やエリカを傷つけることもいとわず、次第にその裏の顔を見せるようになっていくのでした。そしてそれは遂に、「香月の彼氏を奪う」という最悪の形で、表面化してしまいます。


 ところ変わって現在。記憶を辿るうちに、全員に美冬を殺しかねない動機があると気がついた香月達。こうして彼女達の中でも、疑心暗鬼が広がっていってしまうのでした・・・。


 男性目線から見ると、思わず
「やっぱり女性って恐いなあ・・・」
と思ってしまうような展開です(笑)。表向きは仲良くしていても、その裏では殺したいくらい憎んでいたりする。それでも同じ仲間であり続けるという、ある種の“強さ”は、観ていて驚かされます。


 そんな主人公達が再会し、起こってしまった事件。色々とツッコミどころはありますが(笑)、それがきっかけとなり、彼女達の隠された過去の秘密が、徐々に明らかになっていきます。終わり方も、
「そっか、そっちかぁ!!」
っていう感じで、個人的には好きです(笑)。


 人気の若手女優さんも多数出演されていますので、気になった方は是非ご覧になってみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※高田里穂さん・・・本作では、物語のキーマンとなる美冬役。「仮面ライダーオーズ」でのヒロイン役で有名な方で、最近の映画では「俺物語!!」での、主人公が中学時代に片想いをしていた同級生役や、「劇場霊」での人気女優役等で出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」発売中!!>