ドロメ 女子篇 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

意外なところ同士がリンクする、異色の青春ホラー映画!!


2016年3月26日公開
監督:内藤瑛亮
出演:森川葵・小関裕太 他


【賛否両論チェック】
賛:〝ドロメ”の恐怖に襲われながらも、次第にたくましく変わっていく主人公の姿が、コミカルかつシュールに描かれるのが印象的。「男子篇」との絶妙なリンクも秀逸。
否:話そのものは荒唐無稽で、ツッコミ出すとキリがない。また、本作だけではどうしても謎の一部は残る。グロシーンもあり。


ラブシーン・・・お色気シーンがあり
グロシーン・・・後半にかなりあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 「男子篇」とリンクする〝青春ダブルアングル・ホラー”です。主演は森川葵さん。


 顧問の持永(菊池明明)に連れられ、山奥の男子校・泥打高校へと向かう、女子校・紫蘭高校の演劇部員達。翌年に統合が決まっている両校の演劇部は、親睦を深めるべく、泥打高校での合宿を計画したのでした。その道中、部員達は道端に小さなほこらを見つけます。そこには首から上がなくなり、泥まみれになった観音像がまつられており、近くの電柱には、行方不明の女性を探す張り紙が貼られているのでした。するとその時、部員の1人・小春(森川葵)は、どこからか怪しげなうめき声を聞いたような気がします。その後、無事に泥打の校舎へと辿り着いた一行を、演劇部の顧問・桐越(東根作寿英)と部員の男子達が出迎えますが、その中の1人・颯汰(小関裕太)の顔を見た小春は驚きます。実は小春は、今は不登校になってしまっており、かつてその原因を作ってしまったのが、他ならぬ颯汰なのでした。


 到着後、早速部屋で練習の準備を始める紫蘭の面々でしたが、小春はふと壁に、泥を塗りたくったような汚れを見つけます。一抹の不安を感じながら、合同練習が始まりますが、障害物を前に目隠しをしたパートナーを、言葉だけで誘導する練習の真っ最中、目隠しをしていた小春は突然後ろに引っ張られ、転びそうになってしまいます。しかし、実際には引っ張った者は誰もおらず、小春は困惑します。その後の練習でも、颯汰に気をとられてセリフを忘れてしまった小春は、桐越に一喝され、ショックで過呼吸になってしまいます。そんな小春を、親友でもある実夏(三浦透子)は優しく介抱するのでした。


 その日の夜、出てきた夕食に小春達は唖然。一応颯汰達の手作りではありましたが、“匂いはカレー、味は水”というひどいものでした。ところが持永の一言で、翌日からは女性陣がご飯を作ることになり、料理の出来ない小春達は大慌て、一方の男性陣は、
「女子の手料理が食べられる!!」
と大喜び。そんな中でふと壁を見た小春は、あの行方不明の写真と同じ女性の写真が、飾られているのに気がつきます。しかしそのことを聞こうとすると、何故か颯汰達は口をつぐんでしまいます。代わりに桐越が、重たい口を開きます。それによると、小春達が来る時に見た観音像は、かつて“泥ぶち観音”と呼ばれ、願いをこめて泥をぶつけると、叶うと言われていたものでした。ある時その頭がなくなると、行方不明者が続出。人々は、他人の不幸を願って投げられた泥が実体化した“ドロメ”という化け物の仕業だと、これを恐れたとのこと。そして最近になってその頭がなくなり、同じ日に泥打高校の女性教師が、失踪してしまったのでした・・・。


 自分を傷つけた初恋の人と再会し、戸惑い苦しむ弱い主人公が、〝ドロメ”という化け物に遭遇し恐怖しながらも、次第に自分の気持ちを受け入れ、たくましく変わっていく様子が、遊び心満載の描写で描かれていきます。〝お風呂は先に入りたい”〝パジャマトーク”等々、女子ならではの話題が出てくるのも、思わずうなずけます(笑)。


 そして何といっても、この作品の最大の魅力は、「ドロメ 男子篇」とのリンクです。同じ事件を前にして、本作では小春達女性陣からの視点が描かれていますが、「男子篇」では同じ時間軸で、颯汰達男性陣からの視点が描かれているので、意外なシーン同士が繋がったりします。そうした対比によって、物語が何倍にも面白くなります。どちらかというと、本作を先にご覧になった方が、
「ああ、そういうことだったのね!!」
と、納得出来る部分が多いかと思います。


 勿論本作だけでも楽しめる作品ですが、折角ですので「男子篇」「女子篇」両方ご覧になって、見比べてみるのをオススメします(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※岡山天音さん・・・本作では、OBながら合宿に参加した光輝役。最近の映画では、幕末の彰義隊を描いた「合葬」や、ドS男子に翻弄される主人公を描いた「黒崎くんの言いなりになんてならない」等に出演されています。本作の内藤瑛亮監督作品の、大人になることを拒んだ少年達を描いた「ライチ☆光クラブ」にも出ていらっしゃいますので、そちらもチェックしてみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>