のぞきめ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

基本的には中高生向け?怖くて悲しい“のぞきめ”の正体。


2016年4月2日公開
監督:三木康一郎
出演:板野友美・白石隼也 他


【賛否両論チェック】
賛:不気味な謎の数々が次第に解き明かされ、恐怖の元凶の悲しい正体が明かされていく様子が、怖くて切ない。
否:急に驚かせるシーンは少ないが、それでもホラーが苦手な人には向かないか。演技や展開も結構強引。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 あらゆる隙間から覗いてくる“のぞきめ”の恐怖を描いたホラーです。主演は板野友美さん。


 何かに怯えたように、スーパーでガムテープを買い漁る大学生・城戸勇太郎(小澤亮太)。彼は恋人の岩登和世(入来茉里)からの連絡にも一切応じず、部屋中の隙間を目張りすると、それでもなお怯えた様子を隠せません。するとそこへ、どこからか鈴の音が鳴り響いたかと思うと、勇太郎はタンスの上に置いてあった箱のとってから、不気味な眼が覗いているのを見てしまいます。叫び声を上げ、ベッドの下へと隠れる勇太郎てしたが、そんな彼にこれまた不気味な両腕が忍び寄るのでした。


 ところ変わって、とあるテレビ局。新米ADの三嶋彩乃(板野友美)は、自身が編集したラーメン店のレポート映像を、上司の竹村(石井正則)に酷評されているところでした。結局編集の直しは夜中までかかってしまい、恋人の津田信二(白石隼也)との予定もキャンセル。実はこの日、信二は密かに指輪を渡そうと考えていたため、彩乃からの謝罪の連絡を、残念そうに聞いているのでした。その後彩乃は、誰もいなくなったテレビ局で、1人黙々と編集作業を続けていましたが、すると突然、報道部の電話が鳴り響きます。彩乃は本来制作部でしたが、やむなく電話に出ることに。その電話は、勇太郎の死亡事故を知らせる内容でした。カメラを片手に、急いで現場へと駆けつけた彩乃は、警察の規制線の外側から取材し、ブルーシートの隙間から垣間見えた、勇太郎の遺体をカメラに収めます。


その後、報道部の中岡(池田鉄洋)に呼び出された彩乃は、遺体の腹部が奇妙にねじれていたことや、転落したにも関わらず、死因は喉に泥をつまらせたことによる窒息死だったことを聞かされるのでした。自分の仕事ではないものの、事件を不審に思った彩乃は、早速事件現場を訪れ、そこで上の階に住む和世と出逢います。和世の部屋に足を踏み入れた彩乃は、隙間という隙間をふさがれたその部屋の異様な雰囲気に、唖然としてしまいます。その後、度々恐怖体験に襲われた和世は、とうとう精神を病んでしまい、病院に入ることになるのでした。


  しばらく経って、ようやく落ち着きを取り戻した和世から、彩乃はことの経緯を聞き出します。それによると、サークルの合宿の最中に、2人で抜け出した勇太郎と和世は、六部峠という峠の先に不気味な村を見つけ、そこで幽霊と遭遇。それ以来、常に誰かに覗かれているような感覚に陥ってしまっているとのことでした。その話を受け、彩乃は信二と共に、彼らが泊まったという山奥の旅館「Kリゾート」へと車で向かいます。しかし宿の主人・高田(つぶやきシロー)は何故か、
「六部峠に行くなら、うちには泊まらないでもらいたい。」
と、2人を追い返してしまうのでした。やむなく峠へと足を進める2人でしたが、到着した2人は絶句。和世が同じ場所から撮った写真には、確かに写っているはずの村が、目の前では一面のダム湖になっているのでした。そして、驚きながらも歩みを進めようとした彩乃と信二の前に、旅装束姿の不気味な少女が姿を現すのでした・・・。


 最初は不可解で意味深だった“ねじ曲がった遺体”や“泥”、“少女”や“数珠”といったキーワードが、やがて繋がっていき、“のぞきめ”の悲しい正体が次第に明らかになっていく過程が、怖い中にも切なさが残ります。


 急に驚かせるシーンはそれほどありませんが、それでも日常の至る所に潜み、誰しもが経験しうる“覗かれる恐怖”をかき立てる演出は、怖いものが苦手な人には少々厳しいかも知れません(笑)。


 演技面や展開等、やや強引な印象は拭えませんが、今をときめく若手俳優さんが多数登場されていますし、中高生向けのホラーとしては最適な作品といえそうです。気になった方は是非。



【ワンチャン・ポイント】
※小澤亮太さん・・・本作では、“のぞきめ”の犠牲となる大学生・勇太郎役。「海賊戦隊ゴーカイジャー」でのゴーカイレッド役で有名な方で、最近では多部未華子さん主演の「ピース オブ ケイク」等にも出演されています。


※玉城裕規さん・・・本作では、吉田鋼太郎さん演じる四十澤の若かりし頃を演じられています。新進気鋭の俳優さんで、最近の映画では内田理央さん主演の「血まみれスケバンチェーンソー」で、忍者研究部の怨憎(はんぞう)役で出演されていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売しました!!>