バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

キーワードは「マーサ」。“正義”が問われる規格外のアクション!!


2016年3月25日公開
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック
ヘンリー・カビル
エイミー・アダムス 他


【賛否両論チェック】
賛:大迫力のアクションは言うに及ばず、バットマンとスーパーマンが、それぞれの信じる“正義”を胸に戦いに身を投じる姿が印象的。それぞれの人間ドラマや、彼らを取り巻く陰謀等、割としっかりと固められているのもステキ。
否:上映時間はやや長め。ド派手すぎるアクションや、およそ現実味のないストーリー等、人によってはあまり好きになれそうにない感がある。急に驚かせるシーンも結構あるので、小さい子には不向きかも。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン等多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 「ジャスティス・リーグ」への第1章です。あの2大ヒーローが、ついに激突します。バットマン役はベン・アフレック、スーパーマン役はヘンリー・カビル。


 幼い頃、両親を目の前で暴漢に殺害されたブルース・ウェイン。成長した彼(ベン・アフレック)は、実業家だった父の後を継ぎながら、その財を基に人知れず“バットマン”として、ゴッサム・シティにはびこる悪と戦っていました。そんな中、メトロポリス・シティに、スーパーマン(ヘンリー・カビル)が姿を現し、ゾッド将軍達と壮絶な戦いを演じます(「マン・オブ・スティール」)。華々しいその活躍の裏では、無関係な一般市民も大勢巻き込まれ、多数の死傷者が出ていました。メトロポリスに自身の会社があったブルースも、慌てて駆けつけますが、彼の目の前でそのビルは脆くも崩れ去ってしまいます。ブルースは危険も顧みずに、傷ついた社員達を助け、瓦礫の下敷きになる寸前だった少女も救出します。しかし、
「ママは?」
と問いかけるブルースに、少女は崩壊したビルの山を指差すのでした。彼は怒りに満ちた表情で、はるか上空で死闘を繰り広げているスーパーマンを睨みつけるのでした。


 それから18ヶ月後。中東のとある砂漠地帯で、武装勢力の取材を敢行していた、女性記者のロイス・レイン(エイミー・アダムス)。なんとかアジトに辿り着き、そのトップにインタビューをしていましたが、その間に武装勢力の幹部が、同行していたカメラマンのカメラのネガから、発信器を発見。カメラマンがCIAだと発覚し、彼はその場で射殺されてしまいます。その事実を知らなかったレインは、殺されはしませんでしたが、拘束されてしまうのでした。ところがその直後、幹部達が突然使用人達を銃撃し、皆殺しにしてしまいます。それと同じタイミングで、レインの下にスーパーマンが飛来。武装勢力のリーダーはレインを人質にとりますが、スーパーマンは目にも止まらぬ速さで、これを瞬殺してしまうのでした。実はスーパーマンの正体である、新聞記者のクラーク・ケントは、レインの恋人。彼としては、恋人の危機を助けただけでしたが、世間では
「スーパーマンが武装勢力を皆殺しにした。」
と大きく報じられ、その強大な力は、次第に脅威と見なされるようになっていくのでした。


 一方その頃、ゴッサムでは、武器密輸や人身売買を行っているグループのメンバーが、次々と襲撃され、コウモリの焼き印を押されるという事件が発生。犯人は、勿論バットマン。彼は、国内に核を持ち込もうとしている“ホワイト・ポーチュギー”なる人物を追い、独自の捜査を続けているのでした。そんなブルースは、「レックス社」の社長であるレックス・ルーサーが、事件に関与していることを突き止め、彼が出資した図書館の記念パーティーに出席します。一方のクラークも、そのパーティーに記者としてやって来ます。かくして2人は、正体を隠して相まみえることになるのでしたが・・・。


 さすがは2大ヒーロー。片や、悪を憎む心から、手段を選ばずに戦いを続けるバットマン。片や、望まずも愛する者のために驚異的な力で戦うスーパーマン。それぞれの“正義”がぶつかり合う様子が、まさに桁違いのスケールのアクションで描かれていて、圧倒されます。まともに戦えば絶対的に強いスーパーマンに、本来は生身の人間であるバットマンがどう挑むのか、必見です。


 ただただ2人のヒーローが戦うだけのお祭り映画にはとどまらず、それぞれの背後にある人間ドラマや、そんな彼らを利用としようとする者達の存在も、見逃せません。


 「マン・オブ・スティール」からの伏線も多いので、そちらをご覧になってから、是非観てみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※ジェシー・アイゼンバーグ・・・本作では、スーパーマンの宿敵であるレックス・ルーサー役。最近の映画では、コンビニ店員が覚醒する「エージェント・ウルトラ」の主演で有名な方ですが、マジシャン達がFBIと頭脳戦を繰り広げる「グランド・イリュージョン」の主演でもお馴染みです。後者は9月に続編の「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」が公開予定ですね。


※ガル・ギャドット・・・本作では、メタヒューマンであるワンダー・ウーマン役。この方といえば、「ワイルド・スピード」シリーズでのハンの恋人・ジゼル役でお馴染みですね。ワンダー・ウーマンは引き続き「ジャスティク・リーグ」にも登場するそうなので、そちらにも期待です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」4月4日発売予定!!>