僕だけがいない街 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「僕だけがいない街でも、笑っていてほしい。」


2016年3月21日公開
監督:平川雄一朗
出演:藤原竜也・有村架純・鈴木梨央・中川翼 他


【賛否両論チェック】
賛:最愛な人を悲しい運命から救うために、奔走する主人公の姿が切ない。そんな主人公が、自分が信じる正義のために行動を起こしていく姿も、印象深い。
否:展開はややご都合主義で、出来すぎ感は否めない。虐待シーン等も、好みは分かれそう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン・虐待シーン等あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも



 人気マンガの実写映画化。時間が巻き戻る、“リバイバル”という現象に巻き込まれた主人公を描いたミステリーです。主演は藤原竜也さん。


 物語の始まりは、2006年でした。主人公の売れない漫画家・藤沼悟(藤原竜也)は、その日もピザ屋の配達のアルバイトの最中で、バイクに乗って信号待ちをしていました。いつもと変わらぬ風景で、交差点近くの時計は、12時15分を指していました。やがて信号が変わり、発進してトラックとすれ違った悟でしたが、その直後、彼は再び同じ交差点へと戻ってきてしまいます。時刻も同じ12時15分。すぐに気がついた悟でしたが、何故か慌てず、周りの景色の中にある違和感を探し始めます。実は彼には、身近で事件や事故が発生すると、それを防げるまで何度でも時間が巻き戻るという“リバイバル現象”が起きることがあるのでした。


 何度か同じシーンを繰り返すうちに、悟は
「トラックが交差点に突っ込み、小学生の男の子をはねる。」
という事故を見抜きます。次に彼は、赤信号で停まっている間に男の子に声をかけ、移動させることに成功。走ってくるトラックもなんとか止めようとしますが、他の車と衝突してしまい、気を失ってしまうのでした。次に悟が目覚めると、そこは病院のベッドの上。横には、バイト先の同僚・片桐愛梨(有村架純)が付き添っているのでした。実は交差点で、悟の行動を目撃していた愛梨は、
「なんで男の子が危ないって分かったの?」
と不思議がります。なんとか適当に言葉を濁した悟でしたが、無事に退院して帰宅してみると、そこには事故を聞いて北海道から駆けつけてきた母・佐知子(石田ゆり子)の姿がありました。煙たがる悟でしたが、結局佐和子はしばらく悟の家にいることになります。


 数日後、スーパーに買い物に出かけた2人。そこで悟は、偶然居合わせた愛梨に声をかけられますが、その直後再びリバイバルが発生、悟は周囲の違和感を探します。しかし何度繰り返しても原因は分からず、悟は佐知子に、
「何か変な感じしない?」
と尋ねます。すると佐知子は、“何か”に気づいた様子で、携帯電話を取り出します。すると、時は戻らずにそのまま進み始めるのでした。その後、愛梨は佐和子と意気投合し、成り行きで夕飯を悟の家でとります。夕食後、愛梨を無事に送り届け、帰ってきた悟は、
「昼間、何に気がついたの?」
と佐知子に聞きます。すると佐知子は、
「今日、誘拐事件を1つ防いだ。・・・って、冗談に決まってるでしょ。」
と、意味深な言葉を告げるのでした。


 ところがその翌日、いつものように帰宅した悟の目に、背中を刺されて虫の息になっている佐知子の姿が飛び込んできます。悟は驚きながらも、逃げていく怪しい人影を追いかけますが、見失ってしまいます。最悪なことに、佐知子はそのまま帰らぬ人になってしまい、悟は容疑者として追われる身になってしまいます。警官に追われ、袋小路に追いつめられた悟でしたが、倒れた拍子にリバイバルが発生します。次に彼が気がつくと、なんとそこは18年前、まだ彼が小学生の頃を過ごしていた、北海道・石狩市に戻っているのでした・・・。


 殺されてしまった最愛の母と、小学生の頃に守れなかった友。悲しい未来を変えるために、現在と過去を行き来しながら、2人の命を救おうと奔走する悟の姿が、切なくも勇ましく映ります。そしてそんな悟と、現在で心を通わせていく愛梨や、過去で志を共にしていく賢也。そうした周りの理解者達との関係の中で、悟が自分の信じる正義のために、想いを新たにしていく瞬間も、また胸を打つものがあります。容疑者として追われる悟を助けた愛梨が語る、
「この手で出来ることがあるって、信じたい。」
という言葉が、印象に残ります。


 事件の真相も、一見単純そうな中でも、何となく意表を突かれる感じがあって、個人的には好きです。


 現在と過去の事件の結びつきは、やや偶然が出来すぎている感はありますが、タイトルの本当の意味が最後に実感出来る、そんなグッとくるミステリーです。



【ワンチャン・ポイント】
※林遣都さん・・・本作では、18年前に連続児童誘拐殺人犯として逮捕された白鳥役。有名な出演作としては、「悪の教典」での生徒役や、「荒川アンダーザーブリッジ THE MOVIE」での主演、「闇金ウシジマくん」でのイベントサークル代表役や、「莫逆家族 バクギャクファミーリア」での徳井義実さん演じる主人公の息子役等、様々な話題作に出演されています。4月公開の「劇場版 遊☆戯☆王 THEDARK SIDE OF DIMENSIONS」では、声の出演もされるそうですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」4月4日発売予定!!>