桜ノ雨 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

爽やかすぎるほど爽やか。純朴な青春ドラマ!!


2016年3月5日公開
監督:ウエダアツシ
出演:山本舞香・浅香航大・久松郁実 他


【賛否両論チェック】
賛:“合唱”や“仲間”に出逢い、少しずつ成長していく主人公に感動させられる。彼女に動かされ、変わっていく仲間達も印象的。
否:展開はかなり単調で予定調和なので、音楽に興味がないと退屈しそう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 人気ボーカロイドの楽曲が、映画化されました。主演は山本舞香さん。


 物語の舞台は、静岡県にある音浜高校。当時1年生だった主人公の未来(山本舞香)は、ピアノの音色に導かれるように音楽室へと辿り着きます。弾いていたのは、合唱部の部長・ハル(浅香航大)。口下手で音痴だった未来でしたが、このことがきっかけとなり、未来は合唱部に入ることになるのでした。それから1年が過ぎ、2年生になった未来。その日の全体練習の前、ハルは副部長の瑠華(久松郁実)と共に、音楽室でピアノを弾いており、未来は複雑な想いでベランダにたたずんでいました。するとそこへ、入部希望の1年生・鈴(井上由貴)と蓮(広田亮平)がやってきます。蓮は全くやる気がありませんでしたが、腐れ縁の鈴に引っ張られ、無理やり連れてこられていたのでした。結局2人は、合唱部に入ることになります。


 その後の練習で、顧問の高田(田畑智子)は、自身が家庭の事情で、今年一杯で学校を辞めることを発表します。と、ここで、事前にハルと瑠華に渡してあった台本通りに、高田は演技を始めます。
「唯一の心残りは、コンクールで金賞を獲らせてあげられなかったこと・・・!!」
と名演技(?)を見せる高田に、部員達は開いた口がふさがりません。それでも、次のコンクールはハルや瑠華にとっても最後とあって、部員達ははりきります。そしてハルは未来を、新入部員達の指導係に抜てきするのでした。


 体力作りがメインの練習に、最初はへこたれていた蓮でしたが、そんな蓮に未来は、
「去年の私と似てるね。」
と、優しく声をかけます。その後も部員達は練習漬けの日々を送りますが、そんな彼らに高田は、
「去年と同じ『桜ノ雨』では、金賞は獲れない。もっと難しい曲にします。」
と告げます。ハルが作った「桜ノ雨」が大好きで、今年もそれを歌うつもりだった部員達は困惑。新しく課題曲となった「情熱の道標」は非常に難しく、やがて彼らの気持ちはバラバラになっていってしまうのでした・・・。


 引っ込み思案で大人しかった主人公が、“合唱”に出逢って後輩も出来、やがて少しずつ成長していく過程が、爽やかな人間関係の中で描かれていきます。


 そして、そんな主人公に感化されるように、一旦はバラバラになってしまった仲間達が、また1つになっていく様子も、また感動的です。コンクールのシーンなんかは、予定調和ではありますが、それでいてもなおステキですね。


 気になるラブシーンなんかは皆無ですので、家族や気になる人と、是非ご覧になってみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※浅香航大さん・・・本作では、合唱部の部長・ハル役。最近の映画では、同じようにボーカロイドの楽曲が映画化された「脳漿炸裂ガール」や、「劇場版 零 ~ゼロ~」「俳優 亀岡拓次」等に出ていらっしゃいます。


※久松郁実さん・・・本作では、副部長の瑠華役。人気アイドルの方で、最近では「青鬼 ver.2.0」での女子高生役や、「東京PRウーマン」での主人公の同僚役なんかで出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>



<「映画の通信簿2015」4月4日発売予定!!>