復讐したい | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

遺族の苦悩。荒唐無稽なストーリーの中で、光るテーマ。


2016年3月5日公開
監督:室賀厚
出演:水野勝・高橋メアリージュン・小林豊 他


【賛否両論チェック】
賛:大切な人の仇を取るために、凶悪犯に立ち向かう遺族達の戦いが、緊迫した世界観の中で描かれていくのが印象的。
否:設定はかなり荒唐無稽で、無理もありそう。グロシーンも結構あり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・殺害シーン等メッチャあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 復讐が合法化された社会で、亡き妻の仇を取ろうとする教師が、復讐の地へと足を踏み入れます。主演はBOYS AND MENの水野勝さん。


 近未来の日本。刑法第290条の「犯罪被害者救済に関する法律」通称“復讐法”によって、一定の条件下での復讐が合法化されていました。そんな中、環境保護団体から派生したテロリスト「アース・ウィング」による爆弾テロ事件が発生。被疑者4名は海外で拘束されますが、遺族達は復讐を望み、代表の4人の青年達が、復讐に挑むことになるのでした。


 そんな彼らと同じタイミングで、復讐の行われる孤島「法務省蛇岩島特別出張所」へとやって来た主人公・高橋泰之(水野勝)。中学教師をしている彼は、結婚記念日の夜に、妊娠3ヶ月だった妻・泉(高橋メアリージュン)を、宅配便を装ったフリーター・小寺(吉原雅斗)に殺害され、裁判ではなく復讐という方法を選択したのでした。別室に通された泰之は、所長の猪狩(岡田義徳)から最終意思確認をされた後、詳しいルールを説明されます。制限時間は18時間で、その間は島の中でどんなことが起きても罪に問われない。復讐者には武器が支給され、GPSで被告人の居場所を知ることも出来る。復讐者にのみリタイアも許されているが、その場合や制限時間を過ぎた場合は、被告人は無罪放免となるとのこと。政府のキャンペーンの一環で、予め銃器の扱いを学んできた泰之は、
「人間を撃てるのか?」
という猪狩の問いかけに、
「人間は撃てません。ただ、アイツはケダモノですから。」
と、決意を新たにするのでした。


 その後、泉の映像を見て、改めて仇を取る気持ちを固めた泰之は、いよいよ島の中へと送り出されます。この日、泰之と同様に放たれた復讐者とその対象者は、他に6組。それぞれが自分の復讐相手を探し求める中、泰之はテロリスト達に復讐を挑む板垣(田中俊介)達と遭遇。運悪く、彼らの待ち伏せを邪魔してしまった泰之に対し、元自衛隊員の前田(勇翔)は、
「俺達の復讐の邪魔になるから、殺っちまおうぜ!!」
と、泰之に銃口を向けます。仲間の日野(本田剛文)らがなんとか押しとどめ、泰之は事なきを得ますが、彼は改めて、自分が壮絶な場にいることを思い知らされるのでした。


 それでも、夜中になってようやく小寺の姿を捉えた泰之。小寺の前に立ちはだかり、拳銃を撃ちますが、あと一歩のところで小寺は逃走。追いかけた小寺は、木の枝で反撃を受け、渓谷に転落し、そのまま流されてしまうのでした。次に彼が目を覚ました時には、既に明るくなっていましたが、そんな彼の目の前に、泉そっくりの被告人・星野範子(高橋メアリージュン)が姿を現します。一方その頃、風祭(海東健)率いるアース・ウィングの面々は、他の復讐者達が残していった武器を回収すると、とある計画に向けて行動を開始するのでしたが・・・。


 まずタイトルからしてかなりショッキングな訳ですが(笑)、ストーリーもそれに違わず、かなり壮絶です。大切な人を殺され、凶悪犯に対して自分の手で仇を取ろうとする遺族の人々の葛藤が、緊迫感溢れる展開で描かれていきます。設定そのものはかなり荒唐無稽なんですが、それを感じさせないくらい、気がつくと世界観に引き込まれています。


 ラストは意外とあっさりしている感がありますが、かと思って油断していると、スゴいところで終わります(笑)。気になった方は、是非観てみて下さい。


 足や耳が切断されていたりと、グロシーンは結構多めですので、そこだけご注意を。



【ワンチャン・ポイント】
※BOYS AND MEN・・・東海地方を中心に活動している男性グループで、本作では主演の水野勝さんを始め、メンバーの皆さんが多数出演されています。同じようにBOYS AND MENが出演されている映画では、信長・秀吉・家康が現代にタイムスリップをしてきて、アーティストとして音楽で天下を目指す「サムライ・ロック」が挙げられます。メンバーの皆さんの、本作とはまた違った魅力が垣間見られますので、是非そちらもチェックしてみて下さい。


※上野優華さん・・・本作では家族を殺され、復讐者として島にやってくる角田恭子役。本業は歌手の方で、「トイレの花子さん 新劇場版」での主演&主題歌や、「1/11 じゅういちぶんのいち」での出演&主題歌、「瀬戸内海賊物語」での主題歌や「心霊写真部 劇場版」での出演等、映画でも多方面で活躍されていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


<「映画の通信簿2015」4月4日発売予定です!!>