ゾンビスクール! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

不謹慎だけど笑ってしまう。クレイジーな教師達の孤軍奮闘!!


2016年2月13日公開
監督:ジョナサン・ミロ
カリー・マーニオン
出演:イライジャ・ウッド
レイン・ウィルソン
アリソン・ピル 他


【賛否両論チェック】
賛:スプラッター・コメディ特有の不謹慎な小ネタが、次から次へと繰り広げられ、思わず笑ってしまう。何も考えずに楽しめる。
否:ゾンビ化しているとはいえ、教師達が生徒達をぶちのめしていくストーリーは、やはり賛否がありそうなところ。グロシーンもメッチャあり。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 小学校で生徒達がゾンビ化してしまい、教師達が決死の脱出を図るスプラッター・コメディです。


 収穫されたニワトリから加工され、出荷されたチキンナゲット。その中の1つに、ハエから不気味なウイルスが付着。ナゲットはそのまま小学校の食堂で出され、1人の少女・シェリーが口にしてしまうのでした。ところ変わって、同じ町の実家に帰ってきていた主人公、クリント・ハドソン(イライジャ・ウッド)。作家を目指しているものの、まだ処女作も書き上げられていない彼は、たまたま病気になってしまった教師に代わって、地元の小学校で教師を務めることになります。初めての登校日、クリントは職員休憩室で、かつての同級生・ルーシー(アリソン・ピル)と再会するのでした。


 クリントが受け持つクラスには、あのシェリーの姿もありましたが、その日の彼女は顔に腫れ物が出来、具合が悪い様子。そんなシェリーを、クラスのいじめっ子・ペイトリオットは、格好の標的にするのでした。そこへようやくクリントが到着し、授業を始めます。クリントは早速、自分が今書いている小説を生徒に読ませ始めますが、そんな中シェリーの容態はさらに悪くなってしまいます。彼女の斜め後ろに座っていたペイトリオットは面白がり、彼女の髪の毛を引っ張ろうとしますが、なんと髪の毛は頭皮ごとはがれてしまいます。次の瞬間、振り返ったシェリーは、突然ペイトリオットに襲いかかるのでした。慌てて2人を引き離すクリントでしたが、シェリーはペイトリオットの顔を食いちぎると、クリントにも引っかき傷を負わせ、走り去ってしまいます。


 授業後、休憩室で先ほどの一件をルーシーに語るクリント。仲睦まじい2人の様子を、ルーシーの現在の恋人で体育教師のウェイド(レイン・ウィルソン)は、校庭から複雑な表情で眺めていました。そんなありふれた日常の中で、突如異変が起こります。もう1人のいじめっ子が、校庭の隅で穴を堀り続けていたシェリーにつかみかかったところ、逆に彼女に噛みつかれ、2人共凶暴化。そのいじめっ子によって、校庭にいた子供達は、次々と凶暴化していってしまうのでした。止めに入ろうとした教師達は、1人また1人と喰われてしまい、校庭は阿鼻叫喚の地獄絵図と化します。異変に気がついたウェイドは、間一髪で校舎へと逃げ込み、事情を知ったクリント達は、校舎内の安全な場所を探し始めます。しかしクリント達は、それがその後の恐怖の始まりに過ぎないということを、まだ知るよしもありませんでした・・・。


 ストーリーはかなり破天荒でメチャクチャですが(笑)、「思春期前の子供だけがゾンビ化するウイルス」という設定は面白いです。文字通り手に負えなくなってしまった子供達を前に、ちょっとクレイジーな教師達が、あの手この手で生き残ろうと奮闘する様子が滑稽で、思わず笑ってしまいます。
「いくら大嫌いでも、先生を食べちゃダメだろ!!」
なんて言っているのは、秀逸ですね(笑)。個人的には、
「こっそり様子を見てくる。」
と言い出すクリントに、ウェイドが
「ホビットみたいにか?」
なんて文句を言うシーンが、ツボでした(笑)。


 ただゾンビとはいえ、子供達を容赦なくぶちのめしていく展開は、やや賛否は避けられない気はしますが、それらも含めてぶっ飛んだ世界観はステキですので、是非チェックしてみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※イライジャ・ウッド・・・本作の主演で、プロデューサーも務めているそうです。言わずと知れた「ロード・オブ・ザ・リング」での主演の方ですが、他にも最近では、「マニアック」や「スティーラーズ」での狂気じみた役や、「グランドピアノ 狙われた黒鍵」での天才ピアニスト役、「ブラック・ハッカー」での冴えない青年役等で出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>