尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

油断してると泣かされる。ファンのみならずとも感動のドキュメント。


2016年1月29日公開
監督:指原莉乃
出演:HKT48 他


【賛否両論チェック】
賛:メンバー1人1人の苦心や努力が赤裸々に語られ、油断しているとそのストーリーがどれも感動させられる。制作の裏側が垣間見られるのも印象的。
否:やはり全く興味がない人にとっては、観るのは退屈で厳しい。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 まさかの「泣きたい」にジャンル分けしました(笑)。HKT48のドキュメンタリーです。


 監督・ナレーションは、劇場支配人も兼任している指原莉乃さん。指原さん自ら、HKT48のメンバーにインタビューを敢行。ドキュメンタリーは、1期生・2期生・3期生とそれぞれの代を集めた座談会形式のインタビューと、メンバー1人1人との個別インタビュー、そしてそのインタビューを裏付ける映像の数々で構成されていきます。


 秋元康さんをして、
「1番仲の良いグループ。」
と言わしめたHKT。そのメンバー1人1人に対し、それぞれの活動への想いや感じ方を、掘り下げていく指原さん。無名の存在から、ファンの草の根活動で飛躍的に人気が出るようになったメンバーや、選抜に選ばれることなく、ひたすら劇場の舞台に立ち続けるメンバー、HKTのセンターを巡る悲喜こもごも等、どのメンバーも涙なしでは語れないほど、募る想いを言葉にしていきます。


 その他、指原さん自身が映画作りに携わり、盛り込むべきエピソードやメンバーへの想いを、自身のこだわりと共に作り上げていく様子も映し出されていきます。そして途中、意外なゲストも登場します(笑)。


 油断していると、思いのほか泣かされます。とにかく泣かせにかかってきます(笑)。センターを替えられたり、選抜に選ばれなかったりした悔し涙があったかと思えば、ファンの温かさに感動する嬉し涙があったり、卒業するメンバーへの悲しみの涙があったりと、ファンでなくとも涙腺が緩い方は要注意だと思います(笑)。


 ただ一方で、どうしてもメンバーへのインタビューが淡々と進む内容でもあるので、本当に興味がない人にとっては、やはり観ても退屈極まりない内容でもあります。


 映像制作や選抜選びの裏側も垣間見える、一風変わったドキュメンタリーになっています。気になった方は是非。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<泣きたい>