デッド・オア・リベンジ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

後味の悪さは半端ない。予測不能で壮絶な復讐劇。


2016年1月30日公開
監督:レバン・バキア
出演:スターリング・ナイト
スペンサー・ロック
ディーン・ガイヤー 他


【賛否両論チェック】
賛:思いもしなかった後半の展開に、痛快さが抜きん出ているものがある。
否:イリアの要求のシーンはかなりしつこいので、途中で嫌になってしまいそう。終わり方も、後味の悪さがすごくあり。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも



 地雷を踏み、動けなくなった主人公の目の前で、最愛の女性が乱暴されてしまうという、衝撃のスリラーです。


 ジョージアの山奥へと、車でキャンプにやって来た3人の若者。結婚を間近に控えたダニエルとアリシア、そして2人の親友・クリス。途中、ダニエルが用を足しに車を離れた時、アリシアはクリスに、
「本当に彼に話すつもり?」
と問いただします。実はクリスは、ずっとアリシアに片想いをしており、2人は1度だけ一夜を共にしてしまったのでした。クリスはそのことをダニエルに話そうかと迷っていましたが、ダニエルの執念深い性格を知っているアリシアは、
「話さない方がイイ。」
と、クリスを押しとどめるのでした。やがて目的の山へと到着した3人は、車を停め、山頂を目指します。その後、山頂でダニエルとアリシアは愛を誓い合い、気まずいクリスはそそくさとその場を離れるのでした。


 その日はテントに泊まった3人。翌日、ダニエルの知り合いの現地ガイド・エドがやって来ると、早速3人の集合写真を撮ってくれるとのこと。ところがエドは、
「もう少し前。もう少し右。」
と、やたらと細かく指示を出します。それでも言う通りに移動する3人でしたが、次の瞬間、1番右にいたクリスが“何か”を踏んでしまいます。かつてその辺りは地雷原だったこともあり、3人はすぐに、それが地雷だということに気がつくのでした。エドは慌てて助けを呼びに行き、ダニエルは警察に電話をかけようとします。ところが、実はこの地雷、クリスとアリシアの関係を知っていたダニエルが、エドと組んで仕組んだもの。当然ながら助けが来るはずもなく、すぐに本性を現したダニエルは、アリシアを
「このアバズレ!!」
と罵ると、2人を残して立ち去ってしまうのでした。


 残された2人は、パニックになりながらも、ダニエルに言われた
「そばに穴を掘って、そこにクリスが飛び込めば、命は助かるかも知れない。」
という方法をとろうとします。動けないクリスの後ろで、必死に穴を掘るアリシア。するとそこへ、酒に酔ったハンター・イリアが通りかかります。しかしこのイリアが、とんだゲス野郎で、
「助けてやる。」
と言いながら、アリシアに次から次へと屈辱的なことをさせていきます。そしてとうとうアリシアは、クリスの目の前で乱暴されてしまうのでした。何も出来ない状況で、ダニエルは
「殺してやる・・・!!」
と、復讐を固く心に誓うのでした・・・。


 シチュエーションとしては、かなり斬新です。イリアのキャラクターはかなり不快で、途中のシーンなんかは観ていて反吐が出そうですが、その分後半の復讐劇は非常に痛快なものがあります。


 とはいえ、終わり方はかなり唐突で、後味の悪さはすごいものがあるのもまた事実。その辺りは、かなり賛否が分かれそうなところです。


 ラブシーンやグロシーンに抵抗がない方であれば、観ておいて損はない作品といえそうです。



【ワンチャン・ポイント】
※スペンサー・ロック・・・本作では、悲劇のヒロイン・アリシア役。どなたかと思ったら、「バイオハザードⅢ」や「バイオハザードⅣ アフターライフ」で登場した、Kマート役の方でした。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>