さらば あぶない刑事 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これぞ刑事ドラマの王道。一見さんからファンまで楽しめる娯楽映画!!


2016年1月30日公開
監督:村川透
出演:舘ひろし・柴田恭兵・吉川晃司 他


【賛否両論チェック】
賛:予備知識がなくても楽しめそう。何も考えずに観られるので、ストレス発散に最適。
否:ツッコミどころは満載で、現実感はあまりなし。グロシーンも思いのほかあり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンはかなり怖いかも



 あの伝説の刑事ドラマの、最新作にして完結編です。主演はもちろん、舘ひろしさんと柴田恭兵さん。


 横浜のとある留置所へやって来た、1人の刑事。彼は颯爽とダンスのステップを踏みながら、留置されているもう1人の男を迎えに来ます。一緒に留置されていたヤクザは、
「アニキになんちゅう口聞いとんじゃ、このクソデカ!!」
と意気がりますが、そのアニキは、
「悪いな、俺もそのクソデカなんだ。」
と、手帳を見せます。彼こそが、港署の“タカ”こと鷹山敏樹(舘ひろし)。そして迎えに来たのが、“ユージ”こと大下勇次(柴田恭兵)でした。


 2人は、留置所にいたヤクザの情報を下に、横浜の闇市場を牛耳る男・伊能の居場所を特定。早速そのブラックマーケットを急襲します。伊能は車で逃走しますが、タカとユージもこれを追跡し、あと一歩のところまで追いつめるのでした。ところがその時、謎めいた1台のバイクが現れると、2人が乗るパトカーのタイヤを拳銃で撃ち抜きます。パトカーは見事に横転し、2人は伊能を取り逃がしてしまいます。
「ショータイムじゃなかったのかよ?」
と不満げなタカに、ユージも
「バイク野郎のショータイムだったね。」
と、呆れ顔をするのでした。


 これを聞いた課長の町田透(仲村トオル)は、おかんむり。実はタカとユージは、定年を5日後に控えた身。
「あと少しで退職金が入るし、年金ももらえるんだから、おとなしくしていて下さい。」
と釘を差しますが、当然ながら2人がおとなしくしているはずもありません。ブラックマーケットで、かつて自分が更生させた青年・川澄(吉沢亮)を見かけたユージは、彼の行方を探します。一方のタカは、婚約間近の恋人・夏海(菜々緒)とのディナーを楽しんでいましたが、そこへ偶然現れたのは、夏海がかつて外交官をしていた時分に会ったことがあるという男、キョウイチ・ガルシア(吉川晃司)。実は彼こそが、横浜進出を目論む過激派組織「BOB」の大物でした。そして翌日、逃走していた伊能が、惨殺死体となって発見されるのでした・・・。


 さすがは「あぶ刑事」。クールでカッコイイ“タカ”と、コミカルでユーモアたっぷりの“ユージ”のかけ合いや活躍が、とても痛快です。また、タカのバイク&ショットガンや、ユージの全力疾走等、往年のファンにとっては必見の名シーンも満載です。


 この作品単体としても充分楽しめますので、今までのシリーズを知らないにも、是非オススメです。


 難点としては、思ったよりもグロシーンが多いことでしょうか。刑事ドラマ好きには要チェックの作品といえそうです。



【ワンチャン・ポイント】
※LiLiCoさん・・・言わずと知れた、映画コメンテーターの方。実は本作にも、チョイ役でご出演されています。かなり短いシーンですが、よーく聞いていると、すぐに分かるかと思います。是非探してみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>