イット・フォローズ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

突如訪れる極限の恐怖。斬新な設定の極上ホラー!!


2016年1月8日公開
監督:デビッド・ロバート・ミッチェル
出演:マイカ・モンロー
キーア・ギルクリスト
ダニエル・ゾバット 他


【賛否両論チェック】
賛:“恐怖の感染”という展開が斬新で、観ていてハラハラさせられる。恐怖を駆り立てる重厚な音楽も魅力的。
否:設定が設定だけにラブシーンが多く、好みは分かれそう。急に驚かせるシーンも結構あり。


ラブシーン・・・かなりあり
グロシーン・・・あり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが結構あり



 捕まると死ぬという〝それ”に感染した主人公が、想像を絶する恐怖に襲われるホラーです。


 とある閑静な住宅街。1軒の家から飛び出してきた少女は、何かから逃げるかのように家の前を1周すると、再び家の中へ。父親が心配する中、とうとう少女は車に乗り込むと、走り去ってしまうのでした。その日の夜、少女は父親に、
「本当に愛してる。」
と電話を残します。そして翌朝、彼女は体がねじ曲がった無惨な遺体となって発見されるのでした。


 ところ変わって、主人公の高校生・ジェイ(マイカ・モンロー)。恋には奥手だった彼女も、最近では恋人のヒューと順調に行っており、その夜も2人は観劇に出かけます。入場口で並んでいる時から、2人は
「片方が、周りの人から誰か1人を選び、もう片方が誰を選んだか当てる。」
というゲームをしていました。席に座った後もゲームは続きますが、ジェイが選んだ人を当てようとしたヒューが、
「入り口に立っている、黄色い服の男の子?」
と言い出します。振り返るジェイでしたが、そんな男の子はどこにも見当たりません。そのことをヒューに告げると、途端にヒューは青ざめ、
「気分が悪くなった。」
と言い始めます。結局2人は観劇をやめ、他のところへ行くことにするのでした。


 その後、郊外まで車でドライブしたジェイとヒューは、車の中で愛し合います。ところが全てが終わった後、車内でくつろいでいたジェイを、ヒューはいきなり薬で眠らせてしまいます。次にジェイが気がついた時には、彼女は、車イスに縛られていました。突然のことに混乱するジェイに、ヒューは訳の分からないことを言い出します。彼いわく、
「僕は〝それ”に感染し、君に移した。〝それ”に捕まると、必ず殺されてしまう。〝それ”は性行為で移るから、すぐ他人に移してほしい。君が死んだらまた僕に戻ってくるから、頑張って逃げ延びてくれ。」
パニックになるジェイでしたが、すぐにそんな彼女の目に、茂みの向こうからゆっくりと歩いてくる、裸の女性の姿が見えるようになるのでした・・・。


 “感染する恐怖”という、有りそうで無かった設定が新鮮です。第3者から見ると、何に怯えているのか全く分からないのに、当事者にとってはハッキリ見え、しかも捕まれば殺されてしまうという、日常を舞台にした非常にスリリングな展開が印象に残ります。所どころ、話題には上らないものの、画面の片隅にしっかりと〝それ”がいたりするのも、また怖いです(笑)。


 そしてもう1つ特筆すべきは、BGM。要所要所で恐怖を駆り立てるような重厚な音楽が流れ、ドキドキさせられます。


 ラブシーンはありますが、それも“感染する”という設定ゆえ。異色の恐怖を、是非体感してみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>