ナイト・チェイサー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ホラーな前半と、意外な後半。想像を超える逃亡劇!!


2016年1月19日公開
監督:ジュリアン・セリ
出演:ジョナサン・ハワード
ジョナサン・ドマルジェ 他


【賛否両論チェック】
賛:不気味なタクシーが迫り来る前半の緊迫感や、後半の意外な終わり方が印象的。
否:展開はかなりのご都合主義で、思わずツッコミたくなりそう。現実味はあまりなし。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも



 軽い気持ちでタクシー代を踏み倒した青年達が、謎めいた運転手に追いかけられるサスペンスです。


 クリスは、高速バスでロンドンからパリへと向かっていました。到着した彼を出迎えたのは、かつての恋人・リュディヴィーヌと、かつての友人・リュック。とある事件以来、疎遠になっていた2人と2年ぶりに再会し、クリスは喜びつつも複雑な表情を隠せません。その夜クリスは、クスリの売人をしているリュックの自宅で開かれたパーティーに、顔を出します。実はリュディヴィーヌは、今はリュックと恋仲になっており、クリスはその場で正式に別れを告げられ、リュディヴィーヌは帰宅してしまうのでした。


 いたたまれなくなったクリスは、泊まっているホテルへと帰ろうとしますが、そんな彼の後を、リュックも追いかけてきます。
「知り合いの家でもパーティーをやっているから、二次会とシャレこもう!!」
と誘うリュックでしたが、クリスはあまり乗り気ではありません。それでも、半ば強引にリュックに丸め込まれ、結局2人は拾った黒塗りのタクシーへと乗り込むのでした。


 そのタクシーの運転手は、両腕にタトゥーを入れた、不気味なほど静かな男。そして運転席の後ろには、
「踏み倒しは許さない。債務は必ず返済される。」
という意味深な言葉が書かれているのでした。しかしリュックは、料金を踏み倒す気満々で、クスリで儲けた大金を持っているのにも関わらず、
「手持ちの現金がないから、ATMで降ろしたい。」
と言い出し、隙をみて逃げ出します。クリスはそんなリュックに呆れ返りながらも、行動を共にしてしまうのでした。


 ところがその後、意気揚々と歩いていた2人の前に、再びあのタクシーが姿を現します。慌てて逃げ出すリュックとクリスでしたが、謎めいたそのタクシーは、逃げても逃げてもどこからともなく現れ、2人を追い回します。そして、そんな2人に追い打ちをかけるかのように、柄の悪い刑事達に絡まれてしまい、リュックは持っていた現金を巻き上げられてしまうのでした。窮地に立たされたリュックは、知り合いのマフィアの下を訪れますが、そこへあのタクシーの運転手が現れます。彼は、意気がって向かっていったマフィアの日本刀を奪うと、その場にいた全員を惨殺してしまうのでした。恐れおののいたリュックとクリスは、再び慌てて逃げ出すのでしたが・・・。


 前半はかなりスリリングです。得体の知れない謎のタクシーが、逃げても逃げても迫り来る様子は、結構なホラーです(笑)。


 そして後半は、そんなタクシーの正体や、主人公達の運命が恐ろしくも切なく描かれ、意外な終わり方に呆気に取られる印象です。


 展開はかなり強引で、
「いやいや、それは(笑)。」
と思わずツッコミたくなるかも知れませんが、気になった方は是非、チェックしてみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>